<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初めてのお呼ばれ。

d0161525_15331598.jpgボク、サムです。春のありがたみをひしひしと感じる、今日この頃です。あと、半年は、こんな顔にならなくて済むし・・・。
やっと迎えたバーベキュー日和。昨日、お母しゃんのお友達が、僕達をお家に招待してくれました。よそのお宅に伺うのは、初めてだったから、緊張~!ボクも、ブーレちゃんも、何もかじらなかったし、おしっこは、ちゃんと、持っていったシートに出来たよ。良い子だって、褒められちゃった。058.gif058.gif
d0161525_1548434.jpg お山に向かって張り出した、大きなデッキが、とっても気持ち良かったよ~。ボクとブーレちゃんは、デッキから落ちたら困るからって、ウチから持っていった漬物の重しに繋がれたの。そんな、バカじゃないのに・・・。
d0161525_15484943.jpgボク達のために、オバしゃんが、南部鶏のささ身を茹でてくれたよ。美味しかった!バーベキューの後は、お家の中に入ってトマト鍋してた。よく食べるよね。お酒は、日本酒2升と、ワイン2本と、シャンパン1本呑んだって・・・。お父しゃんとオジしゃんは、二日酔いになったらしい・・・。9時間も呑み続けていたら、当然だよね。でも、オバしゃんは、一番呑んだのに、ピンピンしてるんだって・・・。燃費悪いね。


d0161525_16125035.jpgボク達の夕飯は、ウチから持っていった、いつものお母しゃんの手作り。昨日は、ゴーやと鶏胸と長芋を昆布とカツオの出汁で煮たやつだったよ。ボクもブーレちゃんも、ゴーヤ大好き!でも、ブーレちゃんは、あんまり好きじゃないものは「お父しゃん食べらせて~!」って、お父しゃんを追いかけるの。こうやって、スプーンで食べらせてもらうんだよ。


d0161525_1626342.jpgボクは、食事の後は、いつも、こ~んなお顔になっちゃうのが悩み・・・。やっぱり、この歯のせいかな~。
[PR]
by bourreesam | 2010-05-30 16:37 | お出かけ | Comments(0)

散歩②   本日は、天国より、デイジーさんがお越しくださいました。

d0161525_12204931.jpgうちには、サムとブーレの前に、「デイジー」という犬がいた。動物管理センターからもらってきた雑種だった。寝食は共にせず、サンルームで暮らしていたが、15年生きた。デイジーの散歩は、同居していた私の父の役目だった。散歩好きだった父は、自分の腰にリードを縛りつけ、毎日、一時間ほど歩いた。ある日、デイジーの首輪がスッポリと抜けた。父は、気づかす、そのまま歩き続けたが、何だか、すれ違う人々の視線が気になる。デイジーがいないことに気づいた父は、今来た道を戻り、先ほどすれ違った人に聞いた。「さっき、ぼく、犬を連れていませんでしたか?」ご婦人は答えた。「リードと首輪だけだったから、オカシイと思っていたんですよ。」父は、ボケ老人と間違われたらしい。デイジーは、無事に見つかったが、父は、その後、散歩で培った丈夫な身体を持つパワフルなリアルボケ老人へと成長。長きにわたり我々を悩ませ続けた揚げ句に、逝った。デイジーが亡くなってから、一年後のことだった。

d0161525_13143910.jpg

お気に入りのお散歩コースは、前田森林公園。ゴールデンウィークには、ポン太親子と行きました。


d0161525_15324415.jpg
誰もいない場所を見つけ、夫が、少し離れた場所で待つ。ワンコ達は、全速力で「おとうしゃ~ん!」と、駆けて行く。数回これをすると、帰りの車の中では、二人とも気絶だ。


ケアーンテリアごっこしてる人、だあれ?

                     
♪ 小田和正のBGMが欲しいところだ。d0161525_1332365.jpg
夫のフタ(我が家では、夫の帽子を、こう称する。)をポン太にかぶせて・・・。
「ハゲは、隠そうとするから、おかしくなる!」という持論の下、6ミリにセットしたバリカンで刈り上げる夫。ポン太は、つい最近まで、顔から毛が生えた、このオッサンが苦手で、顔を見ると泣いた。和解後の、貴重なショットである。
[PR]
by bourreesam | 2010-05-28 15:16 | お出かけ | Comments(2)

散歩①

別海に住む、叔母から聞いた話だ。あちらでは、よく、住宅街にキタキツネが出没する。見つけた人は、車の後ろに縄を繋ぎ、山の奥深くまでキツネを引っ張っていくそうだ。ある日、叔母の家の近所のおじいさんが、おばあさんに怒られた。「家でゴロゴロしてないで、犬の散歩でも行っといでッ!」おじいさんは、面倒だったので、車の後ろに犬を繋いだ。最初のうちは、愛犬を気遣い、ゆっくりと走っていたが、ラジオかなんか聴いているうちに、犬のことなど忘れてしまった。徐々に加速する車のスピードに、とうとう犬の足の回転は追いつかなくなり、シャーッと、道路を引きずられた。近所の人々は、「あそこのじいさん、又、キツネをつかまえたんだね。」と、話したそうだ。
「まったく!じいさんたらッ・・・」と、文句言いながら、すりむいた犬の足に赤チンを塗るおばあさん。犬は、その後、しばらく、おじいさんとは、目を合わせなかったそうだ。


d0161525_11323761.jpg

雨の日は濡れ放題だったサムにカッパを買ったのはいいけれど・・・。
「おかあしゃん、パッツンパッツンで、一歩もあるけません。」

「わかりました。替えてきましょう。」

d0161525_1141047.jpg



「おかあしゃん、似合いますか?」

「大きさは良いけど、何だか、ヒドいね~、ビジュアルが。」
d0161525_11483825.jpg



「ブーレちゃん、カッパきら~い!着たくな~い!」

「今日は、雨が強いから着ようね。」


d0161525_11555836.jpg



「お外って気持ち良い~!」
d0161525_11575043.jpg

「おかあしゃん、ボクも気持ち良いです。」


「やっぱり、似合わないね~。」

[PR]
by bourreesam | 2010-05-26 12:22 | ワンコ | Comments(2)

昨日、エコリン村に行きました。

サムは、お散歩イノチだ。散歩に連れて行くまで騒ぎ続けるので、雨でも吹雪でも行くはめになる。ブーレは、リードでつながれるのが嫌いなので、毎日の散歩には行かない。我が家の小さなドッグランがお気に入りだ。でも、車でのお出かけは大好き。どこかに連れていってもらえることを察すると、二人で、とんだり跳ねたり吠えたりの大騒ぎになる。d0161525_13105597.jpg

昨年に引き続き、2度目のエコリン村。今日は、お友達がいっぱい。
「たのちぃ~!」


犬と赤ん坊は嫌いだが、人間大好きなブーレは、だれ彼かまわず、寄っていく。「あ!あの人に、まだ、可愛がってもらってない!」と、急いで走り寄って行く。

d0161525_13185362.jpg

「沢尻ブーレです。可愛がってくだしゃい。」


d0161525_1321405.jpg

「お姉しゃんも、可愛がってくだしゃい。」

耳がひっくり返っているのは、サム。何かに夢中になると、耳の形まで、気がまわらなくなる。
d0161525_1326625.jpg

「おばしゃんも可愛がってくだしゃい。」

ドッグランに来る人は、全員犬好きだ。小さいブーレは、必ず「かわいい~」と、言ってもらえる。しかし、ブーレは、その人の飼い犬なんぞに興味は無い!犬が、ブーレに「ば~か!」って言われているのが、飼い主には聞こえない。

d0161525_13293130.jpg

「おめ!
くんな!!!」


d0161525_13395629.jpg

「おめぇも、くんな・・・。」


d0161525_13421251.jpg

サムは、の~てんきに走り回る。
d0161525_13563339.jpg
そして、帰りの車の中では、助手席に座り、「好き」と、夫に肩を寄せる。
「彼女かッ!」
[PR]
by bourreesam | 2010-05-24 14:40 | お出かけ | Comments(6)

改名

「大江ブーレ」が不評なので、芸名を変えることにした。新しい名前は、沢尻ブーレ。この方が、キャラがたつ。

d0161525_10513597.jpg

「沢尻さん!新しい芸名について、どう思われますか?」

「べちゅに・・・」


数日前のことである。夜中、夫に優しくやさしく頭を撫でられて目が覚めた。何事か?とたずねると、半分寝ながら「サムのお尻と間違った・・・」と、言う。寝相の悪い私も悪いが、失礼な話だ。

d0161525_10574045.jpg






噂のケツ

北海道の冬の寒さは厳しい。半年間は、犬らしくゲージで寝ていたワンコ達を、真冬に、慈悲の心でべッドに招き入れた。夫が、仕事に差し支えると言うので、週末限定にしようと思ったが、ニトリの2枚併せ羽毛布団の上を、三歩進んでは気持ち良さそうに沈み込んで感触を楽しむ幸せそうなブーレの姿が可愛くて、結局、ずっと一緒に寝ることになった。ブーレは、時計が読めるのか、毎晩10時になると、寝室へ続く階段の下で待つ。
神経質な夫は、初めは、ワンコを室内で飼うことにも反対だった。不潔だと言うのである。その夫が、今はこうだ。

d0161525_11112820.jpg



いい湯だな~。 

甘えっこサムは、頭の先から足の先まで、ピッタリと私にくっつける勢いで寝る。腕枕をされて、す~す~と、横で寝息を立てるサムを見てると、「彼女かっ?!」と、突っ込みを入れたくなる。ブーレは、夫担当だ。我々に選択肢は、無い。ワンコの方で、それぞれの担当を決める。「オスとメスの組み合わせにしようか!」と、いうことになったらしい。暑いのか、さすがのサムも、夜中は布団の外で寝ている。でも、朝方には戻ってきて、私の顔を、柔らかい肉球で、そっと、2度撫でる。布団をめくり、入れてやると、早速、もぐりこんで、私のお腹を枕に寝る。
犬を飼うということは、何かがない限りは、自分よりも絶対に早く逝く子供を育てるということだ。愛おしさが募るほど、切なさも増す。

d0161525_14581888.jpg
[PR]
by bourreesam | 2010-05-22 15:07 | ワンコ | Comments(6)

長閑

礼儀作法がなってiない!教養が無い!立ち振る舞いがガサツだ!
これらを克服すべく、今年から茶道を始めた。習いたての着付けで、着物も、きていく。着付けは、、正しい日本の婆ちゃんの必須科目だ。「寄るな!さわるな!」と言ったおぼえは無いが、ワンコは、着物には、寄ってこない。これを着ると、しばらく帰ってこないので、二人でうなだれるだけである。月に2回のお稽古のうち、1回は、マンツーマン。毎回、大恥をかく。

昨日のお稽古でのことである。
紫と黄色に色づけされたきれいな和菓子を出された私は 「わ~!きれい!パンジーみたいですね。」と言った。先生はニッコリ笑って「あやめです。」と、おっしゃった。
次は、出しぶくさだ。 「この、ツガイのカモ、かわいいですね。」と言う私に、先生は、またまたニッコリ微笑んでこうおっしゃった。 「水鳥ね。」 
お茶勺の時は、ひどかった。「これは、清水の舞台でしょうか?」と問う私に 「おいおい!」と、お茶室にはふさわしくない言葉で、先生は、素であきれ果てた。「これは、八つ橋です。ね?八つ橋。」 京都の修学旅行のお土産とは、明らかに違う八つ橋らしい。私が、当然、知っているであろうという前提でお話されているのがわかる。でも、私は、知らない・・・。内心焦る。頭がクラクラする。 「カキツバタと池と橋で、あ!八つ橋!って、ピンとくるものなのよ。」 家に帰って、早速、調べた。愛知県知立市八橋町にあるカキツバタの名所で、千年以上前からあるらしい。カキツバタを眺めるために、池に橋が架けられている。
先生は「教え甲斐があります。」とおっしゃり、いつも、私に、たくさんの本を貸してくださる。白い画用紙に絵を描くような気分なのだろう。撥水加工の紙に水彩画を描いていることに気づくのも、時間の問題だ。

「のどか」を「長閑」と書くことも、昨日まで知らなかった・・・。長いヒマ。惹かれる言葉だ。
d0161525_1662015.jpg
長閑1
d0161525_1675412.jpg
長閑2
d0161525_1610425.jpg
長閑3
d0161525_16111825.jpg
のどか4053.gif

[PR]
by bourreesam | 2010-05-20 16:32 | 茶道 | Comments(2)

サム、出生の秘密。

d0161525_8341798.jpg
ゴールデンウィーク、新冠から孫のポン太が来た。
実は、サムは、血を分けた(?)実の子では、ない。娘が飼っていたワンコである。ワンコを飼ったとたん、娘は妊娠した。江川入団が確実となった娘の家では、おしっこをそこらじゅうにばらまく小林の、今後の身の振り方が問題となった。(古い例えだ。)とりあえず、トイレのしつけをしっかりせねば・・・ということで、サムは我が家で預かることになり、そのままトレードとなった。娘のワンコが羨ましくて、一週間後に私もブーレを購入していたので、いきなり、2匹の子持ちとなった。。d0161525_15491478.jpg
お気に入りのブーレのベッドは、今は無い。

孫のポン太♀は、バレンタインデー生まれの、1歳。最初は寝たきりだったのに、4つ足で歩くようになり、今では2足歩行。ワンコも、戸惑いを隠しきれない様子だ。最初、ブーレは、ポン太が大嫌いだった。ポン太が我が家にやって来ると、家具の下に隠れ、イジケていることを、わかりやすくアピールした。しかし、最近は様子が違う。ポン太にぴったりとくっついている。ただし、食事の時、限定だけど・・・。ポン太は、食欲が恐ろしいほどある。食後の、破裂しそうなお腹から、ポン太というニックネームがついた。朝、起きて来て、私が食事の支度をしているのを見るやいなや、くわえていたオシャブリを床に置く。とにかく、やる気満々なのだ。1歳になったとたん、自分ひとりでスプーンで食事をするようにもなった。手伝おうとすると、怒る。当然、食べ物は、ポン太の口に入るより、落下する分の方が多い。ブーレが離れないわけだ。不本意ながら、ポン太に「じいちゃん!ばあちゃん!」と呼ばれる日も近い。立派な年寄りマークを貼り付けられる気分だ。いずれ、ポン太は「サムを返して」と言うかもしれない。そ の時には、これっきゃないだろう。
d0161525_16231735.jpg
d0161525_16371371.jpgポン太が帰った後は、4人でゆっくりバーべキューをして飲んだ。やっぱり、このメンバーが落ち着く。
[PR]
by bourreesam | 2010-05-19 16:55 | 手芸 | Comments(6)

2年前。

d0161525_12201150.jpg庭のさくらんぼの花が満開。札幌にも、やっと春が来た。

2年前、ワンコ達が来たのも、今頃だ。可愛かった。d0161525_1225575.jpg

ジャックラッセルテリアを目当てに行ったのに、あまりの可愛さと、毛が抜けないという、店員さんの殺し文句に、ブーレを購入した。
確かに、毛は二人とも抜けない。一番、毛が抜けるのは、夫だ。d0161525_12484350.jpg

サムだって、ディズニー映画「美女と野獣」の野獣似に成長するなんて、思ってもみないほど、可愛かった。
d0161525_1305522.jpg

少年時代、サムは、DAIGOに似ていたこともあったのだ。
d0161525_12303324.jpg

まあ、いい。


振り返れば、今まで色々あった。

手術も経験した。
d0161525_12382454.jpg

お正月には、獅子舞もした。
d0161525_12405848.jpg疲れた~!


ついでにブーレも、まねきねことして活躍した。d0161525_12433322.jpg
ぼけぼけ。

つづく・・・。
[PR]
by bourreesam | 2010-05-18 12:19 | ワンコ | Comments(2)

はじめまして。

おかげで、リビングの家具はボロボロだ。
テーブルの足に至っては、砂時計の様相を呈している。
嘔吐物で異様な匂いを放つようになったソファは、布からレザーに張り替えた。
亡き父の好みで和風に仕立てられていた庭は、業者の手によって石や木々が取り払われ、ちょっとしたドッグランになった。
我が家の経済を脅かす犯人は、2年前にやって来たこのヒト達である。

狸小路(たぬきこうじ)サム 2歳。札幌の狸小路出身。どうしても飛び出る下の歯がチャームポイント。甘え上手。d0161525_1329367.jpg

大江(おおえ)ブーレ 2歳。ダイエー出身。性格の悪さが売り。人間には従順だが、サムには厳しい。d0161525_1333546.jpg


誕生日は、ブーレの方が4日遅いが、サムよりも一月ほど早く家に来たブーレは、サムを見下す。
サムが、こんなことや(頭にクッションを乗せて喜んでる。)、
d0161525_13353643.jpg

こんなことをすると(クッションの下に隠れている。)、
「こいつ、馬鹿じゃないか!」って顔で、冷たい視線を送る。
d0161525_13382895.jpg

女の方が、ちょっと冷めてて、犬の世界も、人間の世界も同じだ。
[PR]
by bourreesam | 2010-05-17 13:47 | ワンコ | Comments(2)


おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。


by bourreesam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

得意技
at 2017-05-10 13:07
②には行かない。美瑛に行く。
at 2017-05-07 21:02
パクり①
at 2017-05-04 09:17
ちびまるこちゃん
at 2017-05-01 21:54
プレゴールデンウィーク④
at 2017-04-29 13:51

タグ

最新のコメント

Hiro様 え?!..
by bourreesam at 18:18
ブーレママ、おひさしぶり..
by Hiro at 18:22
元気してますか・・・・ ..
by ナナ at 22:45
カズの母様 ありが..
by bourreesam at 22:07
何時も楽しく拝見していま..
by カズの母 at 17:05
パールママ様 ブラ..
by bourreesam at 21:29
ナナ様 私も、鶏に..
by bourreesam at 21:23
キレイな色のお酢になりま..
by パールママ at 14:42
ごめーーーーーーーーーー..
by ナナ at 13:04
たえ様 黒くても、..
by bourreesam at 11:39

検索

ブログジャンル