<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お客さん

3年前、夫が脳梗塞で倒れた。
入院中は、高圧酸素カプセルとリハビリ中心の治療が行われた。
大豆を左のお皿から右の皿に移す。
棒に止められているクリップを、他の棒に移動させる。
今まで当たり前に出来ていたことが、一夜にして出来なくなり、
日々、四苦八苦する夫を、親身になって、毎日、勇気づけてくれたのが、理学療法士さんだ。

「良いお兄ちゃんなんだよ~!君も、きっと好きになるよ。」

夫の言う通り、よく笑う、爽やかなイケメンで、その明るさが夫を救ってくれているな~と感じた。

その青年「クマちゃん」は、今、夫が勤務する大学の2年生である。
新たな目標が出来、実は、理学療法士として働くかたわら、必死に受験勉強もしていたのだ。
クマちゃん、現在、34歳。
言語療法士の奥様に助けられながら、頑張っている。

d0161525_1185428.jpg




これが、Mr.& Mrs.クマちゃんだ。

共に、大変ノリの良いクマちゃんご夫妻との食事はとても楽しく、私は、久々に調子にのった。
その結果、まだ、宵の口である午後10時に気持ち悪くなり、ダウン。
ちょっと横になったら回復するかも・・・。
そう思ったのが運の尽き。目覚めたら朝だった。002.gif

d0161525_1191648.jpg




「朝までイケるよ!」
なんて、調子の良いこと言っちゃって、このザマ。

d0161525_10563631.jpg
翌朝、出しそびれた、お持たせのシュークリームを見るのが悲しかった。

それにしても、この、ケーキ屋さんのアイデアはすごい!
上部の皮をひっくり返しただけで、こんなに可愛い。

この数日後、夫の大学時代の仲間が、28歳のガールフレンドと食事に来たが、
お酒をセーブしたのは、言うまでもない。
それにしても、55歳でバツ一で独身のオッサンの彼女が28歳とは・・・。
可愛い彼女は、うんと年上の人じゃなきゃ、好きにはなれないのだそう。
何でも、21歳の時から付き合っているとか。
殆ど、犯罪じゃないか?!
人間の好みって、様々なのね~。

****************************

道東旅行中、音更の道の駅で、このお馬さんに出会った。
木彫りの飾り物など興味が無かった私だが、
あまりの可愛さに、どうしても連れて帰りたくなった。
1000円也。

ある日、お客さんが
「このお馬さん、可愛い~!」
と、褒めてくれた。
その時、テーブルの上でお客さんに撫でられていたブーレは、スックと立ち上がってツカツカと馬に近寄り、ジッと見ていたかと思うと、「エイッ!」
鼻で床まで突き飛ばした。

沢尻ブーレの底力を見た。
d0161525_10514741.jpg


d0161525_10573140.jpg

「この世で一番可愛いのは、
ブーレちゃんなんでしゅ。」
  


笑ったな~!041.gif 

[PR]
by bourreesam | 2011-08-27 13:10 | お客様 | Comments(12)

支笏湖で・・・

4泊5日の道東旅行から帰り、二日後には、再び、支笏湖でカヌー。
北海道人は、夏を意地汚く遊ぶ。

d0161525_1411094.jpg
さて、これは、何でしょう?

カヌーです。

組み立ててビニールをかぶせるまでの所要時間、約、30分。
慣れると、もっと早い。

d0161525_142835.jpg


本日は、カヌー日和。

昨年の反省を活かし、今年は、長袖、長ズボンで日焼け対策。

d0161525_1414130.jpg


下手に漕ぐよりも、じっとしててくれた方が良い、と、お父しゃんが言うので、私は、の~んびり、おにぎりでも食べる。

d0161525_142453.jpg



「カヌーの上で飲むお水は美味しいね!」

ワンコ達も満足。

d0161525_1432672.jpg


「さ!君達!出番だよ!」


「ギクッ!」  

d0161525_1435290.jpg



「お水、冷たいので、今日は、遠慮します。」 

d0161525_144561.jpg




「ブーレちゃんも、遠慮しましゅ。」 

d0161525_1443660.jpg


「サム君!たしゅかったね。」 


「いや!まだ、奴らは、何か
企んでる~!!!」


d0161525_1495690.jpg




「お父しゃん!
ボクが溺れてもいいんですか?」 


d0161525_1412554.jpg



必死 

d0161525_146537.jpg




「もう、お父しゃんとは、遊ばない!!!」 022.gif

d0161525_1452199.jpg



「がっくんと元気君を目指しているなら、無理でしゅってば!」

[PR]
by bourreesam | 2011-08-23 15:02 | カヌー | Comments(12)

たわへー

両親と5人の姉達に溺愛されて育った、末っ子で長男の「りゅう坊」。
まだ幼かったウチの子供達と一緒に「美女と野獣」のディズニーアニメを観て、
一人、ティッシュの箱を抱えて号泣した、心の優しい「りゅう坊」。
りゅう坊、ただ今、64歳。
道東は別海に住む、私の叔父。

d0161525_1424477.jpg



りゅう坊の家の庭は、可愛い。
Mrs.りゅう坊のセンスが光る。

d0161525_1425920.jpg


キッチンの窓の外に広がる景色。
他人の土地だって、無断で飾っちゃうMrs.りゅう坊。
もう、15年以上もバレていない。

d0161525_142627.jpg

身長179センチの、ウチのお父しゃんよりも大きいりゅう坊。
りゅう坊の家族は全員、デカイ。
たまたま札幌から遊びに来ていた孫のmyuも、きっと、大きくなるだろう。

悲しいことに、りゅう坊一家は、ワンコが苦手。
お父しゃんとお母しゃんが北海シマエビやら霜降り牛のすき焼きなどご馳走になる間、サムとブーレは、車でお留守番。
居間の窓には、運転席から恨めしそうな目をしてこちらを見るサムのジットリした視線が刺さりっぱなしでした。

d0161525_1414919.jpg



「ブーレちゃんは、りゅう坊に嫌われて、悲しいでしゅ。
どうぶちゅ、いっぱい、飾ってるのに。」 


  ブーレの日記

d0161525_1483328.jpg


りゅう坊の家に行く前に、タワヘ~に行きました。
牛しゃんがいました。


(注)多和平は、タワダイラと読みます。


d0161525_149537.jpg



羊しゃんが
「おめぇ~!」
って言いました。


d0161525_14948100.jpg




ここは、地平線の見える大牧場。
牛しゃんの横でキャンプもできましゅ。
 

d0161525_14101385.jpg


ブーレちゃんも、立って、ちへ~しぇんを見てみました。

d0161525_14102853.jpg



サム君は、へんな所をのぞいていました。
また、落ちる!って思ったけど、落ちましぇんでした。
ガッカリしました。


d0161525_1422666.jpg

タワヘ~の後は、お父しゃんのたっての希望で、日本最東端の納沙布岬に行って、エッタだけして帰ってきました。

(注)エッタとは、北海道弁で、タッチのこと。

d0161525_16225863.jpg


サム君は、別海の後に寄った釧路でも、ノゾキをしました。
落ちなかったので、面白くありましぇんでした。
 

d0161525_14211878.jpg




これで、キャンプを終わりましゅ! 

[PR]
by bourreesam | 2011-08-19 23:24 | キャンプ | Comments(8)

実は・・・。

d0161525_22222633.jpg




「サム!波が来たぞ!」

d0161525_22224569.jpg




「キャーッ!」

d0161525_2223412.jpg



「お父しゃん!もう一回行こう!」

d0161525_22231823.jpg



「サム!大変だ~!」

d0161525_22233489.jpg




「キャ~ッ!お父しゃん、助けて~!!!」 

そして、ここに、もう一つの物語が・・・。

d0161525_22254043.jpg




「ブーレちゃんは、イヤでしゅ!」 


d0161525_22255442.jpg




「ブーレちゃんは、絶対に行きましぇん!」 

d0161525_222695.jpg
「おい!ちょと、んまーてーよ!(キムタク風に)
お父しゃんは、鼻赤くしてまでボク達のために、カヌー、がんばったんだぜ!
遊んでやらなきゃ、ダメじゃないか!]


d0161525_22353638.jpg




[ん?」

d0161525_2310135.jpg


「何か、ワシのこと言ったかい?」


日焼けなんだか?!酔っ払いなんだか?!

[PR]
by bourreesam | 2011-08-13 23:27 | キャンプ | Comments(10)

れーこ&川下り!

新冠のじいちゃんに、お祭りでビニールのワンコを買ってもらったポン太。
「名前は何にする?サムにする?それともブーレ?」と娘が聞いたら、
ポン太は、こう答えたそうだ。
「れーこ。」 

d0161525_1394165.jpg



「れーこ!おいで!!!」


ポン太は、今日も、れーこと、散歩に行く。

   *********************************

d0161525_12573252.jpg


「しゃて!カヌーでしゅよ!!!
ブーレちゃんもアルマジロの準備が出来ました。」 



7月29日、塘路湖でがっくんママ&パパと待ち合わせ。
カヌーの到着地点に車を置くために、がっくんパパのキャンピンカーの後を付いて、細岡まで約10キロのドライブ。
車を置いた後は、がっくんパパさんも、我が家の車に乗り込み、又、カヌーのスタート地点である塘路まで戻る。

がっくんママ&パパは、私達を案内してくださるために、前日には、キャンピングカーを細岡まで置きに行った後は、電車で塘路まで戻り、予行演習をしていてくださったのです。
北海道に住む我々が、横浜からいらした、がっくんママ&パパに、釧路川を案内してもらうのです。

電車が無いところでは、車1台だけでの川下りは難しい。
車に自転車や小さなバイクを積んでいる人もいるけれど、長距離は厳しいだろう。


以下、うちのパパがっくんパパの会話。

ウチのパパ「塘路から細岡までは、カヌーでどれぐらいの時間がかかるんですか?」

がっくんパパ「2時間ぐらいかな~。」

ウチのパパ、デュルビュイの悪夢を思い出し、が~ん!

がっくんパパ「本当は、もっと長いコースもいいかな~と思ったんですけど・・・。」

ウチのパパは、首を左右に振り、思いっきり拒否。

ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン


ウチのパパは、内心、困ったことになったと思いつつ、カヌーをバッグから出し、組み立て始める。
今年初カヌーの我々は、カヌーの組み立て方も忘却の彼方。
がっくんパパさんに指導していただきながら、ついでに、ちょとしたコツも伝授してもらいながら、無事、カヌーを完成させた。

d0161525_1257527.jpg



さて、川下りにしゅっぱ~つ!
と、湖に漕ぎ出す。
???

d0161525_125899.jpg
「ほら!道が見えますか?」
がっくんママさんに言われて眺めてみると、
湖の上に、流れの様子が違う部分がある。

そこを行くと、ちゃんと、川に出るのだ。

「もう、ここからは、あまり漕がなくてもいいですよ。」
と、がっくんパパ。
ウチのパパにとっては、とても嬉しいお知らせ。
釧路川は、適度な流れがあり、だまっていでも進む。たまに、方向を修正する程度だ。

「そっか~!これが川下りか~!これを、皆がエエって言うんやな。」

ウチのパパ、いきなり、川下りを楽しみだす。

心地よい風を感じながら、水の上から陸を眺める贅沢。
川下り、最高!!!
「これなら、もう少し長い距離でも行けたな~。」
と、ウチのパパ。
d0161525_12594084.jpg



「元気君の船頭さん、カッコ良いでしゅね。」 

d0161525_130835.jpg

がっくんと元気君は、ポチタマでも勇姿を披露したことがある。
湖だと、カヌーの後を追ってスイスイ泳いでしまうイケワン達だ。

d0161525_12591099.jpg


「み、み、みてくだしゃ~い・・・
ブーレちゃんも、元気君の真似して船頭さんでしゅ。」

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

d0161525_12585026.jpg

「お!あのチビ、やるじゃねぇ~か!ワシも負けてらんね~!」

と、こんどはがっくんが船頭さん。

d0161525_1303990.jpg





「エヘッ!褒められちった!」

d0161525_131291.jpg


「あれっ?!サム!
どうした?その顔。」


「顔が川にハマッタんだ。」 

d0161525_1312037.jpg


「こうやって川を覗いていたら、手がすべったんだよ。」 


相変わらず、可愛いヤツ。

[PR]
by bourreesam | 2011-08-08 15:35 | カヌー | Comments(14)

師匠!

d0161525_14412511.jpg




足寄町で、師匠にご挨拶。

d0161525_14441447.jpg



本別町でも師匠に挨拶。

こちらは、特産物である豆のキャラクター「元気くん」。

d0161525_1539362.jpg


あちらこちらに置かれている、豆キャラが可愛い。
道の駅は、廃線になった駅舎を利用しているので、こんな名残も・・・。


その後、1度は行ってみたかったチミケップ湖へ向かう。
深い森に囲まれた湖のほとりにひっそりと佇むホテルがお城のようで、
まるで、ヨーロッパにでも行ったかのような錯覚に陥るといわれている所である。

しかし、道は、想像以上に険しかった。
「水曜どうでしょう」ばりの、曲がりくねった細いダート。
対向車が来たら、どうすりゃいいんだろう?
キャンピングカーは、バックが苦手なので、そのまま湖にボチャンしそうだ。
携帯も通じないので、パンクなんかしたら終わりだ。
どんなに景色がキレイか知らないが、もう、二度と、ここには来ない。
胸の内で、そう決心した。

でも、苦労の末に辿り着いた湖の、秘境っぽい景色は、さすがに美しい。
さっそく、噂のチミケップホテルでランチ。
ホテルのランチというから、もう少し、オシャレかと思ったら、サラダつきのカレーがせいぜい。
内装も、籐のパーテーションが置かれていたりして、一昔前の雰囲気。

d0161525_16361628.jpg




外の景色は素晴らしいんだけどな~。

d0161525_151731100.jpg

ホテルの外で飼われているワンコ2匹が、以前、鎖を切って走り出し、お客さんのワンコに怪我を負わせたというので、散歩はさせず、急いで記念撮影。


苦労して行って、急いで帰ってきたチミケップ。
往復、対向車に出会わなかったのはラッキーだ。
チミケップにもキャンプ場はあるが、なんと、無料。
タダより怖いものはない。
退散!

d0161525_15402630.jpg
虹別のキャンプ場。
仲間がたくさんいて、虫も少なく、ワンコも元気に遊ぶ。

d0161525_15405474.jpg

この日の道の駅での収穫物。
インゲン、ナス、ハンバーグ、コーンなどなど。
相変わらず、タジンに並べるだけの調理。
それでも美味しい。

d0161525_15412073.jpg


「お父しゃん!それ、飼料?」

「ワシは、馬っちゃうで!」

d0161525_15414735.jpg




「あ?なんか食べてる?!」

d0161525_1542652.jpg


「でも、い~らない!
ブーレちゃんは、寝ましゅ。だって、明日は、
師匠に会うんだもん。」 


そう。ブーレは、明日、憧れのカヌー犬、がっくんと元気君に会うのです。
ブログ仲間である横浜のがっくんママさんが、家族で北海道にひと月以上滞在するというので、川下りをご一緒させてもらうことにしたのだ。がっくんママは、昨年も道東に来ているし、ワンコとのカヌーで、「ポチタマ」にも出演されているベテランなのです。

実は、がっくんと元気君に会うことを知っていながら、
夫は、カヌーを車に積まずに旅に出ようとしていた。
川下りにトラウマがあるからだ。

ベルギーで最も好きだった街、デュルビュイ
世界で一番小さな市と言われるほどこじんまりしているが、
どこを写真でとっても美しいという奇跡の街だ。
グルメとスポーツで有名である。
街の中を悠々と行くカヌー、あまりに気持ち良さそうで、何度目かの旅で挑戦してしまった。

d0161525_14491193.jpg






車が無ければ行くことが難しい街。
皇太子妃雅子様が訪れてからは、ツアーに組み込こむ会社も出てきたようだ。


初川下りは、左右の岸に衝突するばかりで、さっぱり思うように進まない。
しまいには、濡れるのもかまわず、カヌーを降りて押したりもした。
橋の上からは、そんな我々にむかって笑いながらヤジを飛ばす人々。
息も絶え絶えになりながら必死に漕ぐが、なかなか前には進まず、ゴールには辿り着かない。
途中でやめたくても、ゴールまで行かないことには、街まで戻るバスも無い。
何時間漕いだんだ~?
学生時代のマラソン大会並みに辛かった。

家族5人だったので、二人ずつ組むと、当然、夫があまる。
「ひぇ~っ!ゴールどこよ~?!どこなんだよ~?!」
と、わが身の不幸を嘆きながら、一人、カヌーを漕ぎ続けていた夫。
川下り後は、全員、びしょ濡れになり、うつむいて、物も言えないような状態。
もう2度とやるものか!誰もが、そう思ったに違いない。

d0161525_15152580.jpg



当時、小学6年生だったポン太母と私。
最初は、笑う余裕もあった。

さて、明日は、どうなることやら。
[PR]
by bourreesam | 2011-08-05 08:51 | キャンプ | Comments(7)

やられっぱなし

工事でツブれてしまうと思っていた、お父しゃんの夏休み。
奇跡的に、前日に工事は完了し、予定通り、7月27日水曜日から、道東への旅に出ることが出来た。
サクランボの木の根は、庭師さんの予想どおり、チョロッとしか出ていなかった。
しかも、アパートに、設計ミスと思われる謎の穴発見。
「あ~!それで、根がここ目指して伸びていったんだな~?!」
庭師さんが言う。
オーナー、顔色が変わるも、特にそのことには触れない。
それどころか、急に猫撫で声を出して、
「ね~ね~!ここに、何か、詰めておいてくださる~?そこらへんの石でも・・・。」
庭師さんにお願いする。

このアマ~!何をヌカす?!

当然、庭師さんも断るだろうと思いきや、
「なんも、ここの塀直すときに、ついでにモルタル詰めておいちゃるって!」

オーナー、一気に機嫌が良くなり、絶対にオジサンにしか見えない庭師さんに
「お兄さん~!私、他にも物件持ってるの。考えていることがあるから、お名刺ちょうだい!」
などとほざく。

腹立たしい出来事ではあったが、何やかや言われて庭師さんも気分が悪かっただろうに、
おおらかな対応で、あのオーナーを笑顔にした様を見て、
思わず庭師さんに惚れそうになった私でした。
d0161525_1747588.jpg


気を取り直し、道東へ!

とりあえず、十勝の池田町へ向かう。
ワインとドリカムで有名な町である。

昼食は、夕張の道の駅。
ラーメンに、もれなく夕張メロンが付いてくるのです。
店内には、こわ~いメロン熊も出没。

「あっついのに、大変だね~!」
なんて、皆に声をかけられていた。

d0161525_1535244.jpgd0161525_15404447.jpg 


昔々、子供達とバンガローに泊まったことのあるまきばの家というキャンプ場に到着。
最近は、ドッグランも出来、ペットに優しいと聞いた。

しかし、ここからが悪夢の始まりである。

とにかく、半端じゃなく、虫がすごい。
車の窓には好奇心いっぱいの大きいハチが大群でとまる。
外を散歩でもしようものなら、
「血~、吸うたろか~?」
「刺したろか~?」
と、身体の回りを何匹もの虫達が旋回し始める。

d0161525_15423711.jpg


ワンコ達の浴衣には、虫除けスプレーをどっさりとかけて着せる。
でも、生きた心地がしない。

d0161525_1543147.jpg

気分を盛り上げようと思ったのか、
「ワシがおごったる!」
と、夫が言うので、レストランに入る。
お財布は一つなので、出所は一緒なんだけど・・・。

お料理は美味しいかったけど、その後のことを考えると、二人とも憂鬱。

d0161525_15531022.jpgd0161525_15533374.jpg

夕飯を終え、オートサイトへ。
管理センターからはかなり距離があり、草むらの中を延々と進む。
管理センター付近のバンガローにはお客がいたが、テントサイトにもオートサイトにも人っ子一人いない。
我々が夕食を終える頃には、誰かがいてくれますように!と祈っていたが、やはり、誰もいない。


ひろ~いキャンプ場にただ一台である我々の車の周りには、先ほどにも増して、大群の虫。
車からなど、一歩も出られそうにない。

d0161525_15434833.jpg

いつもは、運転席のドアから出て後のドアから居住スペースに乗りこんでくる夫も、車内移動。
狭い隙間から、這い出てくる。


「貞子ですか?」

d0161525_1543599.jpg




「お父しゃん!いらっしゃいましぇ。」


夜中、誰かがドアをコンコンと叩いたらどうしよう~。
口には出さないが、実は、夫も私も、同じことを思いながら眠りについていたことが、翌朝、判明。
d0161525_15443413.jpg




だって、こんなキャンプ場って・・・。
街灯もゼロ。真っ暗すぎて、トイレにだって行けない。

d0161525_15444791.jpg




もっとも、こんなトイレ、行けても行かないけど・・・。

[PR]
by bourreesam | 2011-08-01 17:57 | キャンプ | Comments(14)


おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。


by bourreesam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

食い意地
at 2017-04-26 18:14
卵料理
at 2017-04-25 14:39
サボリ
at 2017-04-24 11:57
ヤツのいぬ間に
at 2017-02-22 16:10
あてのない旅
at 2017-02-14 15:24

タグ

最新のコメント

Hiro様 え?!..
by bourreesam at 18:18
ブーレママ、おひさしぶり..
by Hiro at 18:22
元気してますか・・・・ ..
by ナナ at 22:45
カズの母様 ありが..
by bourreesam at 22:07
何時も楽しく拝見していま..
by カズの母 at 17:05
パールママ様 ブラ..
by bourreesam at 21:29
ナナ様 私も、鶏に..
by bourreesam at 21:23
キレイな色のお酢になりま..
by パールママ at 14:42
ごめーーーーーーーーーー..
by ナナ at 13:04
たえ様 黒くても、..
by bourreesam at 11:39

検索

ブログジャンル