<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

これが初釜だ!

無謀にも、2年前の初釜から茶道デビューした。
先生は、叔母が絶大なる信頼を寄せる叔母の友人。
叔母と先生とは古い付き合いで、
27年前、私の母が亡くなった時、
「お姉様のために」
と言って叔母にお茶を点ててくれたという。

茶道の先生のカガミのようなこの先生、
先日、うちのお父しゃんがご挨拶をさせていただいた折、
その後ですぐさま叔母に電話を入れたらしい。

「ね~、ね~!あの人、ハゲなの?坊主なの?」

お父しゃんは、失礼があってはならぬと、しっかりと帽子を脱いで挨拶をしたという。
「え~?!ワシ、帽子を脱ぐんじゃなかった~!!!」
悔しがるお父しゃん。037.gif

好奇心旺盛で勉強熱心な先生は、今もなお、茶道のお稽古に通っており、
懐石料理や和菓子作りの勉強もされているが、
その一方で、自己流のどじょうすくいも得意だという楽しいお人柄。
お茶会は、時として「ユーモア茶会」となる。
この日は、叔母、友人と3人で参加。

d0161525_14564984.jpg

表?入千林、次は何じゃ?

「春は 千林に入り所々に鶯」
春の気配が林という 林に充ち 至る所でうぐいすが鳴いている、という、初釜にふさわしい掛け軸・・・で、あるらしい。
古文、漢文が苦手だった私は、先生のレクチャーだけが頼り。

茶室に入ると、まず、掛け軸と花を拝見し、もう1度掛け軸を見て礼! 

d0161525_1457387.jpg


次に、釜と棚も拝見して席に着く。
季節ごとに炉縁の四角い木枠まで変わる。
お茶の先生って大変ね~、と、思う。

d0161525_14572291.jpg
先生と挨拶を交わした後は、先生のお炭手前。
灰は、お茶をかけて染め、天日で乾かし、ふるいにかけ、
炭は畳が汚れないよう、事前に水洗いして乾かすのだそう。
一杯のお茶のために、すでに、これだけの手間。

d0161525_14573739.jpg


炭は、お湯がよく沸くように、釜の底を傷つけないように、そして、美しく見えるように並べる。
客は、炉の周りに集まり、炭を拝見。

d0161525_1458845.jpg


「時分時ですので粗飯を差し上げます。」

まず、向付(むこうづけ)とお酒が出される。

食べるのに夢中で写真の撮り忘れもあるが、この後、煮物、焼き物、強肴数種、椀物と続く。
たっぷり出してくださるので、だんだん、帯を解きたくなってくる。

d0161525_14582483.jpgd0161525_14584229.jpg

d0161525_14585512.jpg
d0161525_14593262.jpg

d0161525_14594868.jpg


大好物の蒸寿司のあたりでは、目は食べたいがお腹が・・・
と、残念ながら戦いの様相を呈してくる。

d0161525_150287.jpg
「もうダメだ!」
と思った頃に、恒例のゲーム。
選ぶ杯により、歌や踊りを強いられる。

一人だけ、歌が当たってしまった叔母は、動じもせず、江戸端唄「茄子と南瓜」を披露。
上級者だな~、と尊敬。

d0161525_1504280.jpg


そして、まだまだご馳走は続く。
海と山の珍味を盛った八寸。
お漬物もあったよな~。

d0161525_1535056.jpg
懐石が済むと、次は主菓子。
これで初座が終了。
茶室を出て、しばらく休息。
その間に、先生は、お濃茶のために茶室をととのえる。
銅鑼の音を合図に、再び入室。

d0161525_1472370.jpg


お濃茶は、一つのお茶碗で、客全員が回し飲みをする。
客同士の結びつきを深くするという意味合いがあるらしい。

d0161525_14123396.jpg


お濃茶の後は、お薄。
これは、一人一つずつお茶碗を使って飲む。

d0161525_1418984.jpg

お菓子も茶道の勉強だからとおっしゃって、全国津々浦々の美味しいお茶菓子をたっぷりと出してくださる。なんと、先生手作りのお菓子まである。


d0161525_1482675.jpg
d0161525_1484017.jpg

d0161525_148542.jpg




まだまだつづく・・・。

d0161525_149294.jpg
ジャ~ン!この日のお持ち帰り。
食べきれなかったお菓子に加え、お土産までいただく。
茶道の極意は、おもてなしの心であることをしっかりと教えてくださる先生。

ハゲの件は許そう。

[PR]
by bourreesam | 2012-01-31 19:15 | 茶道 | Comments(6)

残念な父

1月吉日。
だけど、平日で昼間。
北海道神宮にて長男の結婚式が執り行われた。
痩せっぽちの新郎新婦は、補正用のバスタオルを3枚ずつ持って、早朝、着付けに向かう。
お嫁っちママは、朝の4時から留袖と格闘し、そして、戦いに破れ、涙をのんでプロの助けを借りたという。
私は、仕上げを、頼りになるオーバー60の友人に手伝ってもらうことで難を逃れた。

バスタオル計6枚の成果が
これだ。 ↓
d0161525_154256.jpg


d0161525_1542129.jpg




式の後は、レストランプレヴェールでパーティー。
共に、音楽を生業とする二人らしいウェルカムボードがステキだ。
親には口もお金も出させず、新郎新婦二人だけで企画したパーティー。
楽しみだ。


新郎新婦自らが手がけた音楽にて入場し、自己紹介を済ませた後は
私の叔父りゅう坊による、まさかの始めの挨拶。
涙もろく、口下手なりゅう坊が、苦手な挨拶を、息子のために引き受けてくれた。
親戚一同ハラハラし、固唾を飲んで見守る。
しかし、意外と上手で見直す。
そして、まだ大学生である新婦の弟さんが乾杯の音頭をとり、食事が始まる。
北海道産の素材にこだわったフレンチがとにかく美味しい。
本州から駆けつけてくれた親戚達も大絶賛の素晴らしいお料理の数々。
結婚式ということも忘れ、お料理にがっつく。

夫が言う。
「あちらのお母さんを見てみ~な!!!食事なんかしないで、テーブル回って丁寧にご挨拶してるよ。
あんたは、食べてばっかりいて!」

一回、挨拶してまわったんだから、いいじゃん!!!

d0161525_1551854.jpg
新郎新婦も出席者と共にゆっくり食事を楽しんだ後は、ウェディングケーキ入刀。
二人の姿をカメラにおさめようとケーキのまわりに集まってくる人々。
でも、皆、クスクス笑いながら別の方向にカメラを向け始めた。

d0161525_1553839.jpg

原因は、これだ。
脚立を持ち上げ、動画を撮るのに必死な新郎の父。
思えば、お父しゃんは、この頃から様子がおかしかった。

d0161525_1555471.jpg

切り分けられたウエディングケーキを配ってあるく新郎新婦。
スポンジの中にもカスタードクリームであえたフルーツがどっさり。
美しいだけじゃなく美味しいウェディングケーキが嬉しい。

d0161525_1563568.jpg

デザートが済んだら、いよいよ両家合同家族演奏。
完全に酔いが回ったお父しゃんのテンションも絶好調。
北海道弁で言うところの「おだつ」という状態になっている。

d0161525_1565365.jpg
一曲目、ビートルズの「I will」に大歓声と拍手をいただき、
「ホンマでっか?!ホンマにそう思ってまっか?!」
と関西弁で観客に詰め寄るお父しゃんに、皆、大笑い。
親族だけのパーティーは温かい。

2曲目は、AKB48の「ヘビーローテーション」。
孫のポン太の18番だが、内弁慶なので、人前では踊らないだろうというのが大方の予想であった。
しかし、お嫁ッチまで出てきて踊りだしたので、さあ、大変!!!
ポン太もその気になり、2歳児にしてほぼ完璧な、かわいらしいダンスを披露し、拍手喝采を浴びた。ポン太の父と、ポン太の父の父が共に涙。ポン太父にいたっては、帰宅後、動画を見て、再び号泣していた。
「だって、ポン太が・・・ポン太が、人前で踊ってるんだぞ・・・007.gif

d0161525_1574892.jpg


d0161525_21454147.jpg次は新郎新婦の番。
オダッテいる父が適当にチューニングしたギターを調整し直しながら
「残念な父がすみません!」
と謝る息子。
「残念が余計じゃ~!」
と、ヤジを飛ばす、やはり残念すぎる父。

d0161525_21461376.jpg

二人で「美女と野獣」を披露。

息子じゃなくても、うっとりするほどステキなお嫁ッチ。

d0161525_158277.jpg
花束贈呈も済み、次はいよいよお父しゃんの挨拶。

「花婿の父がこないに酔うてどうすねん!って話です・・・
ボクってこういう人間なんです・・・」

お父しゃんの残念度が増している。

d0161525_1584123.jpg
・・・で、泣き崩れる。

妻、それ見て笑う。

おだっておだっておだちまくって、最後は泣いてしゃべれない、まことに残念なお父しゃんであった。
でも、結婚式を最高潮に盛り上げたので褒めてつかわす。

d0161525_159533.jpg
最後は、お嫁ッチと息子が立派な挨拶でビシッとしめてくれた。
父親の、引き立て役としての功績は大きい。

3時間半、ゆっくり遊ばせてもらったパーティー、本当に楽しかった!!!

d0161525_15245968.jpg

ところで、新郎新婦の席を彩ったこのお人形、
お嫁ッチのママ手作りのサムとベサニーです。
ベサニーは、お嫁ッチ家の愛犬。
d0161525_15263589.jpg




ほらね!似てるでしょ?!
d0161525_15271352.jpg



お嫁ッチのママは、サムにドレスを着せるのも忘れない。
d0161525_15341548.jpg




「私がベサニーです。よろしく。」 

結婚式の翌日、二人は新婚旅行へと旅立った。
行き先は、旭山動物園。
一泊!
[PR]
by bourreesam | 2012-01-21 23:10 | 行事 | Comments(12)

昨年とは打って変わって、今年は賑やかで楽しいお正月


明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしく~!
 


d0161525_035028.jpg

******************************

ダイエーの駐車場に車をとめて用事をたす。
もたもたしてたら、仕事の時間がせまってきた。
食料品を買う余裕はないけれど、駐車場代は浮かせたい。
ダイエーの本屋で、適当な一冊をつかみ、レジへ。
これで、駐車場代は無料だ。

しかし、これがなかなか良い本で、今まで知らなかった黒豆の調理法が書いてある。

お嫁ッチは、大の黒豆好き。
よし!今回は、これでいってみよう。

12月25日 黒豆を洗い、重曹小さじ2/3を混ぜた1,5リットルの水に浸ける。
26日 アクを丁寧にすくい取りながら豆をコトコト8時間ぐらい煮て、そのまま一晩放置。
27日 水を取り替え、豆をさらに一時間煮て、重曹の匂いを取る。水を細くたらしながら豆を冷まし、水1リットルに砂糖350グラムを溶かしたシロップに一晩浸ける。
28日 シロップを漉し、グラニュー糖150グラムをさらに煮溶かしたシロップに豆を浸け、一晩置く。
29日 再びシロップを漉し、砂糖50グラムを加えて煮溶かし、豆を一晩浸ける。
30日と31日は、そのまま豆を放置。

一週間かかって、やっと出来上がった黒豆。
お醤油が入らないので、なんとなく味が物足りない気もするが、
ふっくらとした食感が素晴らしい。
「ザ・上品」って感じの黒豆。

満足感にひたりながらレシピを眺めていると、
最後に、小さな字で
「日持ちしません。三が日中に食べきってください。」
とある。

なんか、悲しい。

大掃除も頑張った。
「一見キレイ風」が合言葉だった母との掃除。
いい加減な育ちの私も、お嫁さんが来るとなると、何処を見られても恥ずかしくないようにしなければならない。
娘を嫁にやるのと、息子がお嫁さんをもらうのは、随分違うもんだ。
せっせ・・・せっせ・・・

d0161525_15542522.jpg


そうこうしているうちに、時は12月30日、息子が一人で帰ってくる。
お嫁ッチは、まだ、東京でお仕事。

d0161525_15594975.jpg




「お兄さん、好きです。」

d0161525_160442.jpg




「お兄さん!すんごく好きです。」

d0161525_1602213.jpg




「この思い、どうやって伝えたらいいんだろう。」 
 
d0161525_1603635.jpg


「じゃあ、トキちゃんも一緒にサム君の気持ちを伝えてあげましゅ。」 


「ありがとう!トキちゃん。」


d0161525_1605077.jpg


大晦日には、人間の子NO.2とパートナーと毛深い3人の子供達も我が家に投入される。

我が家、ただ今、人間5人、ワンコ5匹。


元旦の朝。
昆布巻きの中身はゴボウと牛肉。
田作りには砕いたピーナツを混ぜ、
人気の無いなますは、昨年、七福なますに変え、目標の、残らないおせちが完成。
今年も、かまぼこ以外は全部作った。
でも、見た目が地味だな~。
今後の課題は、美しい盛り付けだ。
d0161525_1559334.jpg


d0161525_161170.jpg
元旦の夜、お嫁ッチ一家あらわる。
結婚式では二人で自力で留袖を着ようと、私とお嫁ッチのママとは着付けのお勉強会を開いている。
この日も、東京から帰ってきたばかりのお嫁ッチと二人、和服と格闘したお嫁ッチママ。

人間8人、ワンコ5匹で夕食。

翌日1月2日、再び、お嫁ッチ一家がやってくる。
結婚式当日の両家合同器楽演奏の練習のためである。
実は、5年前、従兄弟の結婚式で、家族演奏を披露した。

d0161525_22512629.jpg



今よりも髪の毛があるお父しゃん。
ちょうど、フランケンシュタインぐらい。

意外と楽しかったので、今回もやろうか!と・・・。
曲は、ビートルズのステキな名曲「I will」と、AKB48の「ヘビーローテーション」。
お嫁ッチママは、ダルシマー、私は、キーボード。あとは、ギター、ベース、ボーカル、ウッドブロックだ。
ポン太に躍らせたいけど、まず、無理だろうな~。、

d0161525_1612549.jpg
外国でよく耳にしたダルシマー。
音の美しさにウットリしたものだ。
お近づきになれて嬉しいよ!ダルシマー。
練習中に我が家に到着したポン太親子もさわらせてもらい、ご満悦。

d0161525_161365.jpg


この日から仕事だった人間の子NO.2のパートナーも間もなく参加し、この日は人間12人、ワンコ5匹で夕食。


1月3日、お嫁ッチ、初めて我が家に泊まる。
入浴後に私の寝巻きを着て、私と同じくお嫁ッチもお気に入りだというソファを背もたれに床に座るスタイルでワインを飲みつつテレビ鑑賞。
家族になったことを実感する。
「へぇ~!これがマツコデラックスっていうんだ~!」
AKB48を知らないお嫁ッチママにも驚いたけど、マツコデラックスを知らないお嫁ッチにも驚く。
キャンプにまでテレビを持っていく私達のことなんて、信じられないだろうな~!
1月4日、息子とお嫁ッチは、東京へ帰っていった。

その後も孫は長く我が家に居座り、せっかく大掃除した部屋は、このアリサマ。

d0161525_23325950.jpg




子供がいるって、こういうことだよね。

[PR]
by bourreesam | 2012-01-09 10:28 | お客様 | Comments(18)


おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。


by bourreesam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

十勝で真鍋る
at 2017-08-14 09:34
十勝でセグウェる
at 2017-08-05 02:03
またまた京都
at 2017-08-02 10:42
美瑛リベンジ
at 2017-07-19 11:54
武器
at 2017-07-07 15:30

タグ

最新のコメント

Hiro様 え?!..
by bourreesam at 18:18
ブーレママ、おひさしぶり..
by Hiro at 18:22
元気してますか・・・・ ..
by ナナ at 22:45
カズの母様 ありが..
by bourreesam at 22:07
何時も楽しく拝見していま..
by カズの母 at 17:05
パールママ様 ブラ..
by bourreesam at 21:29
ナナ様 私も、鶏に..
by bourreesam at 21:23
キレイな色のお酢になりま..
by パールママ at 14:42
ごめーーーーーーーーーー..
by ナナ at 13:04
たえ様 黒くても、..
by bourreesam at 11:39

検索

ブログジャンル