<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブルージュ

d0161525_1619899.jpg

最近は、夫の仕事にくっ付いていくという旅行ばかりなので、
旅先でのお出かけは、一人が多い。
多少のスリルはあるが、気を遣わず行動できるのは嬉しい。

土曜日、14年ぶりにブルージュに行ってみようと思った。
仕事が休みの夫も一緒に行くと言いだした。
文句言わないで、お利口に付いて歩けるのか?と聞くと、
それがワシの持ち味だと答える。
仕方が無いので連れて行く。
ルーベンから電車で1時間半。

d0161525_16224643.jpg

d0161525_16233732.jpg


屋根の無い美術館と言われるブルージュ。
ルーベンとはまた違った、可愛らしい街並み。

d0161525_16265192.jpg


しかし、静かなはずのブルージュの様子がなにやらおかしい。
駅を降りた途端から、人の多さにビックリ!
早速、一緒に来たことを後悔し始める夫。

d0161525_16301471.jpg

ハッ?!
クリスマスマーケット!!!

夫、愕然。
テンション下がる。

d0161525_16304774.jpg

妻、
やった~!
テンション上がりまくり、
出店を一つ一つ、じっくりと楽しむ。

d0161525_16245221.jpg

夫、付いてきてしまった手前、
ガマン。
目が合うと、一応、作り笑いで応える。


d0161525_16203533.jpg


広場の真ん中にはスケートリンクが出来上がっている。
クリスマスの飾りつけがキレイだな~。

d0161525_1627329.jpg

しかし、さすがに、この人ごみは、混雑嫌いの夫がかわいそうだ。
頑張って良い子にしているから、なおさらである。

d0161525_16281893.jpg


お昼でも食べようか?!
ってことで、人通りの少ない道を選び、街をさまよう。

お!ブルージュのブーレちゃん!!!053.gif

d0161525_16254457.jpg


偶然見つけたアンティーク家具の美術館の受付には、
サムと同じような味を出してるワンコ。053.gif

そしてそして、と~ってもいい感じのお店を発見!
スープとパンとか書いてある・・・ような・・・。(何せ、オランダ語)
夫が、スープが飲みたいと言うので、ガラスのドアに顔をぺったりくっ付け、中をうかがってみる。
目が合ったお食事中のおばあちゃんが
「ここ空いてるよ!」
と、隣のテーブルを指さす。
面倒くさいことになりそうだと思いつつも、その席に座る。
お婆ちゃんは、何かと気を遣ってくださるが、意外と無口で安心。
日本語ならまだしも、英語で話しかけられるのは大変なもので・・・。

d0161525_16213014.jpg

THE GULLIVER TREE
なんて素敵なお店。家にいるみたいにくつろげる雰囲気。
スープも、とても美味しい。
煎茶レモンとか、ミルクウーロン茶なんてのもありました。

d0161525_1632524.jpg

食事の後は、運河のあたりに行ってみようかと、
地図を片手にさまよう。
やっと、おなじみの場所に出ました。

d0161525_16325795.jpg

昔は、日本からお客さんがあった時に、何度か、運河クルーズをした。
懐かしいね~、なんて言いながら乗り場を見て、またまたウンザリ。

d0161525_16332930.jpg



この、混みよう。

d0161525_16341034.jpg



夫が発狂する前に帰ることにする。

d0161525_16351756.jpg


ベギン会修道院を通り、駅へ向かって歩く。

d0161525_1636119.jpg

夫、ルーベンへの列車の時刻を確かめる。

ここから、二人でボンガボンガ走ることになる。

d0161525_16365413.jpg


走っている途中にも素敵な風景がいっぱい!
妻は、なかなか去りがたいブルージュでした。

d0161525_14164313.jpg

d0161525_16193371.jpg


ブルージュのキリストは、まだ、生まれていませんでしたとさ。

[PR]
by bourreesam | 2014-12-22 14:28 | ベルギー

里心

d0161525_11104296.jpg

ルーベンのススキノ、アウデマルクトの、昼の顔と夜の顔。
何十件ものビアカフェが連なり、世界一大きい飲み会会場とも、世界一長いバーとも言われている。
暖かい季節は、この広場がテーブルと椅子で埋め尽くされ、学生でごったがえす。
街をあげてのロックフェスの時には、ほとんどの会場は無料だが、
この広場だけは、出入口が封鎖され、唯一、有料会場となり、
メインステージの役割も果たす。
老若男女、ベルギービール片手に、それはそれは盛り上がる。
d0161525_11143329.jpg



さてさて、金曜日は、お待ちかね、金曜市が開かれる日です。
この日ばかりは夫も仕事をちょっと抜けて・・・
d0161525_11434821.jpg




並ぶ。

d0161525_11474740.jpg
鶏一羽を焼いただけでも、すごい油がしたたり落ちるのに、
これだけ焼いたら、どんなことになるのでしょう。

でも、やっぱり、美味いんだなぁ~。
鶏肉の味が、しみじみと深い。

d0161525_1155742.jpg


いつもは、図書館前の広場で行われる金曜市。
クリスマスシーズンは、大通を歩行者天国にして開催。

d0161525_11591923.jpg


図書館前は、クリスマス市の準備中だからです。
あ~!行きたかったよ~!!!

d0161525_11553777.jpg
金曜市には、サンタクロースの原型、セントニコラスも登場!
黒人のお供、ピートを連れて、スペインから船に乗り、
オランダの子供達にプレゼントを配りにやって来るのです。
ベルギーと、フランスの一部にもやって来るらしい。
d0161525_13232733.jpg
金曜の夜は、B夫妻のお招きで、ファカルティクラブでお食事。

奥さまが、
「セントニコラスは、黒人のお供を連れているということで、最近は、批判を浴びているのよ。」
と、話していたような気がする。
私の推測が正しければ・・・。(^_^;)

d0161525_12364074.jpg


ファカルティクラブは、ベギンホフにある。
ベギンホフと言えば、我々のかつての住まい。

d0161525_12375394.jpg



ここが、懐かしの我が家の入り口。

d0161525_12383187.jpg

中世そのままのたたずまいが美しく、ここに暮らすことが出来たことを幸せに思う。

部屋に洗濯機を置けなかったことを除けば・・・。
d0161525_12431118.jpg

d0161525_12385575.jpg


夜、人間の子№2から、こんな写メが届く。

お父しゃんとお母しゃんも会いたいよ~!

[PR]
by bourreesam | 2014-12-16 13:27 | ベルギー

あっちもこっちも

d0161525_13120721.jpg
いつも借りていた世界遺産のベギンホフは、短期の貸し出しはしなくなっため、
宿泊先は、クロースターホテル。
雰囲気はベギンホフに似てるが、キッチンが無いのが辛い。
でも、BS日テレの「大人のヨーロッパ街歩き」で、
朝食が美味しいとか言ってたな。053.gif
1人前20ユーロもするが、一度は食べなきゃ気がすまない。

翌朝。

054.gif

ただの、よくある朝食バイキング。
特別美味しいわけてもない。
20ユーロの価値は無い。

と、言うことで、
その次の日から通うようになったのが、いまや、日本にも進出している
ル パン コティティアン
ホテルから近い。
昔は、ドーム型のチョコレートケーキが美味しくて、よく買ってはいたが、
こんなに出世するとは・・・。
d0161525_21295251.jpg
クロワッサンが、とにかく美味い!
日本のお店でも同じのが食べれるのかな〜?
是非、札幌にも来てほしいと思います。
d0161525_21372248.jpg
夫のお気に入りは、これ。
朝からスモークサーモン。
これまた美味い。
ベルギーでは、不思議な味付けに戸惑うことは、あまりない。
きっと、日本人と味覚が似ているのだと思う。

ベルギー初日は、ルーベンで過ごす。
乗り物無しで回れるルーベンの街歩きは、
とても楽しい。
d0161525_12541015.jpg
カフェだらけの街は、
休憩先もよりどりみどりだが、
私は、やはり、コティティアン。

d0161525_01150116.jpg
今回見つけた可愛いカード。

二日目は、電車に乗り、1人でブリュッセルへ。
都会の街歩きは、乗り物が頼り。
ジュ ド バル広場の蚤の市に向かうには、メトロを利用しなければならない。
切符を買うために窓口へ行くと、窓口のオッさんが、ニッコリ笑って日本語で
「こんにちは」
と、言う。
私の後ろには待っている人が数人いるのにもかかわらず、
彼の、日本に行った時の話が始まる。
あ!あの、日本びいきのオッさんだ!
窓口は2つあるというのに、また、このオッさんって・・・。
彼は、また、手帳を出し、私に見せる。
「僕の彼女だ。」

「ビューティフル!」
と、言ってあげる。

「リョーコ ヒロスエだ。」
彼が言うので、

「知ってるよ!」
と、笑う。

後ろで待ってる人は、誰も怒らない。
皆が、ゆっくりだから。

今回は、ナンパしてもらえなかったのが、
本当に残念だ。
d0161525_12555163.jpg
ジュ ド バル広場。
底値市と言われるだけあって、売ってる人達の人相悪すぎ!
すぐさま帰ろうと思ったが、見ているうちに面白くなり、2時間以上ウロウロ。
欲しいと思う物は、重くて大きいものばかり。
そんな中、可愛いお菓子の缶を発見。
手に取ると、
「3ユーロ!」
と、言われる。
こんなん、ただじゃないか!
と、思いながらも
「2ユーロ!」
と、交渉。
当然、成立。
ま、むこうにも生活がありますから。
d0161525_13325499.jpg
けっこうデカイ。
持参したショッピングバッグにむりやり突っ込み、持ち歩くが、
あっちにコン!こっちにコン!
ホテルに戻ったらベコベコだった。

次はルイーズへ行き、お気に入りの雑貨屋とカフェへ。
ベルギーでは、トイレはお金がかかるので、そのためにもカフェに行く。
d0161525_13475215.jpg
また、日本語で
「こんにちは」
と、言われる。
少し面倒くさい。
昨日同様、ランチを逃したので、夕飯を考慮し、レモンタルト。

メトロを乗り継ぎ中央駅に戻り、徒歩でグランサプロンへ。
ヴィタメールでチョコレートを買い、また、歩いてグランプラスに行く。
我ながら、意地汚いスケジュールだと思う。
まだまだ行きたい所はあるが、疲れて諦める。
寄る年波には勝てない。
悲しい。
d0161525_01282413.jpg
グランプラスには、
大きなツリーが飾られている。
でも、まだ、クリスマスマーケットが開かれていないのが残念。
ルーベンのクリスマス市も、私が帰った次の日から始まるらしい。
d0161525_04205755.jpg
キリスト降誕の場面が再現された人形が飾られ、生きた羊もいる。
d0161525_09331438.jpg
ルーベンでは、赤ちゃんの人形は24日に置かれるが、
ここは、もう、産まれちゃってる!
d0161525_10105567.jpg

d0161525_10264485.jpg
あっちもこっちもクリスマスの電飾できれい。
d0161525_10250815.jpg
最後はカフェでトイレを借り、帰路につく。

[PR]
by bourreesam | 2014-12-07 13:10 | ベルギー

世界の中心で愛を叫ぶ?

以前、東京土産にいただいて、と〜っても気に入ったお菓子
今年のお歳暮にすべく、新宿の伊勢丹へ行く。
配送の予約を済ませ、夫の待つ成田へ。
d0161525_18172840.jpg
しかし、切符購入時に、世界の中心で愛は叫ばないけふど、緑の窓口でホテル名を叫ぶはめになった。
成田では、第1ターミナルで降りるのか、第2ターミナルで降りるのか、まだ調べていなかったが、金額は同じだったので、とりあえず切符を購入。そんなアバウトな私を見かねたのか、真面目で親切な係員さんが、
私の他にもお客さんが大勢いるのにもかかわらず、
「今、調べましょう!」
と、私に携帯を出すように指示。
言われるかままに成田のホテル名を入力。
上手くいかない。
「じゃ、ボイスでやってみましょう!」
え〜⁉︎ここでかい⁈
恥ずかしいから、小さい声で携帯にホテル名を言う。
当然、また、うまくいかない。
もう少し大きな声で言ってみるも、
まわりの喧騒にかき消される。
今度は、おじさんが私の携帯に叫ぶ。
注目度、半端ない。
勘弁してください!と思いつつ、疑問を見事に解決してくれた係員さんに丁寧にお礼を言い、緑の窓口を後にする。係員さんのドヤ顔ったらなかったね。

せっかくの成田前泊も虚しく、飛行機はコンピュータートラブルとやらで4時間も遅延したが、何とか無事に出発。
d0161525_01542574.jpg
ジャーン!
初のビジネスクラス。
ご一緒した夫の同僚の、たまりすぎたマイレージで、ご馳走していただくという幸運。
多分、一生に一度の経験。
はしゃぐ。
d0161525_11314079.jpg
真っ平らになるんだぜ〜!

しかし、どんなに平らにしてもらっても、
寝れんもんは寝れん!
と、いうことがわかった。
d0161525_11555254.jpg
ただいま〜!
フォンスケちゃん。
d0161525_12022007.jpg
あ!おかえり。

4年前来た時には、周辺の工事のために不在だったフォンスケちゃんが迎えてくれたのが嬉しい。
彼は、大学の街のシンボル。
頭に、知識を注いでます。
地元の知人が、親しみをこめて言う。
「フォンスケは、引越ししたんだ。」
そういえば、少し、場所が違う。
d0161525_12471106.jpg
ベルギーのルーベンに、久々に戻ってくることが出来て、オッさん達もはしゃぐ。



[PR]
by bourreesam | 2014-12-05 18:15 | ベルギー


おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。


by bourreesam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

得意技
at 2017-05-10 13:07
②には行かない。美瑛に行く。
at 2017-05-07 21:02
パクり①
at 2017-05-04 09:17
ちびまるこちゃん
at 2017-05-01 21:54
プレゴールデンウィーク④
at 2017-04-29 13:51

タグ

最新のコメント

Hiro様 え?!..
by bourreesam at 18:18
ブーレママ、おひさしぶり..
by Hiro at 18:22
元気してますか・・・・ ..
by ナナ at 22:45
カズの母様 ありが..
by bourreesam at 22:07
何時も楽しく拝見していま..
by カズの母 at 17:05
パールママ様 ブラ..
by bourreesam at 21:29
ナナ様 私も、鶏に..
by bourreesam at 21:23
キレイな色のお酢になりま..
by パールママ at 14:42
ごめーーーーーーーーーー..
by ナナ at 13:04
たえ様 黒くても、..
by bourreesam at 11:39

検索

ブログジャンル