パグプー&ヨーキー 親ばか日記

bourreesam.exblog.jp

おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。

ブログトップ

手仕事

① 人間の手仕事


d0161525_19234054.jpg




ビフォークリスマス会

d0161525_192212100.jpg





クリスマス会

d0161525_1925179.jpg



アフタークリスマス会


どれも、同じメンバーって・・・。

d0161525_19555133.jpg


クリスマス、こんな素敵なプレゼントをいただきました。
トールペイントの先生をしている友人の手描き。
仲間全員に描いてくれました。
愛だわ〜。

d0161525_1955724.jpg




こちらは、高校時代の友人からのプレゼント。
もちろん、手作り。
ミンクの毛皮を纏っています。
顔は、教えてもらいながら自分で・・・。
垂れ目が、私にそっくりだと褒めて?もらいました。

d0161525_2075461.jpg

私にそっくり!って、こんな刺し子もいただく。
え?幼虫?
友人は、いったい、私にどのようなイメージを・・・。
ま、いいか!
手間と時間を費やす手づくりのプレゼントって、暖かい。


d0161525_1350465.jpg


友人の影響で、手軽な刺し子にはまる。
友人は、絵本からの抜粋だけど、私は、お手軽キット。
印刷の下絵をチクチク縫うだけ。

d0161525_20392673.jpg



手づくり熱冷めやらず、何度も洗ってフェルト化させたお父しゃんのセーターで、手の平サイズのサム&ブーレ。

d0161525_2037550.jpg




以前から頼まれていた物も、この勢いで製作。

d0161525_2043412.jpg



ええい!
この際、もひとつオマケだ!

d0161525_2046560.jpg


陶芸も頑張ってます。
まだまだイビツだけど。

冬は、手仕事がはかどる。

② 猫の手仕事


d0161525_14324311.jpg





ね〜!ねこじゃらし好きのキミ!
あの技、見せてくれる?

いいよ!

d0161525_14331046.jpg







天井からエイッ!

d0161525_14333672.jpg








お見事!

d0161525_14345672.jpg




友人宅に迷い込み、保護されたカイ君でした〜。
メンコイったらありゃしない。


d0161525_14372868.jpg






先輩猫はバットマン。

カイ君、心強い。

d0161525_14354871.jpg



こちらの先輩は・・・
なるほど。

ニャンコも可愛いね〜。
見ているだけであったかくなります。。

札幌、現在、マイナス8度。
寒いんだよ〜!

[PR]
# by bourreesam | 2017-01-12 15:13 | 手芸

布団が大変、お正月

最年少の孫

d0161525_15381092.jpg


d0161525_15384526.jpg

ほら!サムもお仕事だよ〜!

d0161525_15463760.jpg

d0161525_1537390.jpg


ブーレも、丁寧にご挨拶してね。
d0161525_15374893.jpg


今年は元旦から16個の心臓が集まりました。

d0161525_1539433.jpg


今年のおせちは、お茶の修学旅行で買ってきた、近江こんにゃくを使用。

d0161525_15402160.jpg

さて、新年の挨拶が済んだサム君は・・・

d0161525_154031.jpg



お正月が終わり、皆が帰った後は、里親のお父しゃんの膝でマジ寝。
ご苦労さん!


d0161525_15575995.jpg


[PR]
# by bourreesam | 2017-01-05 16:13 | 行事

てんぷら屋で腹立つ

d0161525_124314.jpg

午後5時で、この明るさ。
北海道と、日の入りの時間が1時間近くも違うのね〜。羨ましい。
と、いうわけで、京都の翌週は岡山へ。
忙しくも楽しいひと月だった。

到着早々、夫は仕事へ。
私は、ホテルのある駅前から岡山城まで歩く。
グーグルマップによると、23分ほどかかるらしいが、知らない土地を歩くのは大好き。
途中、良い感じのお菓子屋さんを発見!
そこは、なんと、一日一菓というお茶菓子の本に登場するお店。
良いお土産が買えた。
350円で、素敵な新品のリサイクル着物も手に入れたし、歩いたおかげで収穫大!

d0161525_13192737.jpg

ここも、黒いお城。
戦いのためのお城ですな。
階段は、多分、急。
松本城の反省をふまえ、中には入らないことにする。

武久夢二の美術館でうっとりし、駅前まで戻って一人で夕飯。
ま〜てど、く〜らせ〜ど、こ〜ぬひ〜とを〜??
夢二の美術館で流れていた「宵待草」が、頭の中でリフレイン。
年のせいか、最近は、和食と日本酒。
でも、京都ですっかり舌が肥えてしまったので、
大満足とは言えないお食事。

d0161525_13372086.jpg

翌日は、待望の、初、倉敷。
美観地区への道も楽しく歩く。
気温は、20度ほど。
外にグリーン。羨ましい。

d0161525_13473393.jpg

倉敷では、10時と3時のオヤツ。
そして、昼食を取らなければならないので忙しい。
大原美術館を一度出て、カフェグレコで疲れてないけど休憩。
レトロな建物を、コーヒーとチーズケーキで味わう。

d0161525_15591199.jpg



倉敷、本当に素敵。
なにより、暖かさが良い。

d0161525_15595365.jpg



松本の中町通りに似た雰囲気の商店街。

興味深い雑貨屋さんが多く、楽しくて仕方がない。
朝から夕方までしっかりと探検し、もう、思い残すことはない・・・ってところで、3時のオヤツを逃したことに気づく。電車に乗る前に、急いでむらすずめとお抹茶でもいただこうかしらと思いお店へ。
意外と混んでいて、年齢的に、相当、大先輩の女性と相席。
話好きな女性なら、こりゃ、えらい目に会うぞ!
なるべく目を合わせずに、黙々とむらすずめを口に運ぶ。
むこうがこちらを凝視しているのがわかる。
「どちらからおいでですか?」
キタ〜!来てしまった〜!
まず、お決まりのコースで、年齢を当てるところからの少々ウンザリのスタートではあったが、
お店の近所に住んでいらっしゃるというその女性が、95歳と、想像以上のご高齢であったこと、そのわりにとてもしっかりとしていらっしゃり、お茶も学ばれていたということで、興味深いお話も聞けて楽しい時間を過ごせた。でも、お話はず〜っと続き、夫との待ち合わせの時間に遅れそうだったので、電車の時間がありますからと失礼を・・・。

d0161525_16194960.jpg


倉敷から帰る途中で可愛いニャンコに会いました。このコラボ、いいな〜。

d0161525_16161878.jpg

無事、岡山に戻り、仕事を終えた夫と合流し、夕食。
岡山出身の、夫の友人推薦のてんぷら屋さん
お母しゃん、胃もたれが心配。

d0161525_16385115.jpg


揚げ、揚げ、揚げ、オンパレード。
この他にも、椎茸やキスなど、2、3品あり。

d0161525_161776.jpg

京芋あたりで
「私、もう、揚げていらない!」
と、夫に文句。
だんだん腹が立ってきて、
蓮根の揚げ煮さえ憎らしい。
さっぱりしたお刺身や和え物が間に欲しいな〜。

お父しゃん、大爆笑で、お店を紹介してくれたお友達に
「揚げ物ばかりやな。」
と、メール。
「そりゃ、てんぷら屋ですから。」
と、返信あり。
実は、ちゃんとしたてんぷら屋は、初体験のお父しゃんとお母しゃんなのでした〜。

d0161525_1617746.jpg



エリンギの味噌田楽を頼りにここまで頑張ってきたのに、エリンギも揚げられている!
が〜ん!

d0161525_16173458.jpg

よし!アナゴと小梅で最後だな?!
と、思ったら、〆は天丼か天茶だと宣告される。
う〜!最後まで揚げる気か・・・。
デザートのシャーベットが死ぬほど美味しかった。

でも、恋に落ちた食材が一つあります。
エリンギの下敷きになっていた野菜。
「何、これ〜!」
と、感動した、初めて味わう爽やかな心地よい食感。
はす芋だそうです。
よし!明日、帰る前に探してみよう。

驚いたことに、てんぷらをこれだけいただいたにもかかわらず、胸焼けはせず。
さすが、こだわりのお店です。
だけど、途中で刺身、お願いしたいです。

d0161525_16205646.jpg


帰る日の朝、夫は、またまた仕事へ行き、
私は、再び、23分歩いて岡山城、後楽園方面へ。
初日は、後楽園をゆっくりと見る時間がなかったことが心残りで・・・。

d0161525_1621455.jpg


紅葉がとてもとてもキレイでした。

これから白い世界に帰るのか〜。emoticon-0106-crying.gif

d0161525_16221754.jpg
岡山は、パフェが有名だというのに、まだ、食べてない。
後楽園では、まず、最初にこれを頼み、そして、気づく。
私、パフェって、あんまり好きじゃなかったんだ。
旅の魔法って怖い。

d0161525_16233596.jpg

岡山の野菜ではない「はす芋」は、なかなか見つけられなかったけれど、
道に迷って入り込んだお城近くのデパートに2パックだけあった。
やった〜!

d0161525_16235494.jpg

札幌に持ち帰り、早速調理。
はまりました。
高知県からお取り寄せしちゃいます。

収穫の多い旅だったなぁ。
d0161525_16224115.jpg


[PR]
# by bourreesam | 2016-12-03 14:42 | 岡山

忙中、忙あり

東京、松本と旅が続き、さ、次は京都だ!の前には、恒例のタルトタタン作りと、おもてなしの大仕事がありました。
前回、ウメオからのお客様があった時には和室でお茶を差し上げましたが、今回は、諸事情により、居間で略盆手前もどき。前回の反省を踏まえ、お点前の前に、お茶の経験者、又は、親族にお茶関係の方がいないかどうかをしっかりと確認。皆さん経験ゼロということで、安心してデタラメ手前を披露。

d0161525_1775235.jpg


冬タイヤの交換に行った夫が、車屋さんからバラの花を一輪いただいてきたので、叔母に作ってもらった風炉先屏風の前に活け、洋間に和の演出。おもてなしの心が伝わるかしら・・・。

d0161525_122680.jpg



お茶菓子は、お腹がいっぱいにならないように、金平糖と卵ボーロを用意。

d0161525_1231099.jpg


お茶碗を、時計の方向に小さく2度まわす。
良い手つきです。

d0161525_1234492.jpg



初めてのお抹茶、如何ですか〜?

d0161525_1243883.jpg



美味しいとは言ってくれましたが、ちょっと、困った顔でした。emoticon-0140-rofl.gif

d0161525_17213823.jpg



さて、我が家のホスト犬サムですが・・・。
今回は、あからさまに美女だけを渡り歩く始末。


d0161525_17221858.jpg





野郎には、目もくれません。
博愛主義のサムには珍しいことです。

d0161525_17262972.jpg



ブーレも、女性が席を立った隙に彼女になりすまし・・・

d0161525_172046.jpg





イケメンにアタック!

d0161525_1734261.jpg

どうやら、イケメンの心をつかんだようです。

しかし、ここで、お母しゃんは気がついた!
ちょっと気取って飾った風炉先屏風の前にドンとリュックが置かれていることに。
が〜ん!

d0161525_1735221.jpg


ま、いいか!
楽しい時間を過ごせたから。
すっかり出来上がってしまった方もいらっしゃいます。emoticon-0136-giggle.gif

[PR]
# by bourreesam | 2016-11-25 13:09 | お客様

修学旅行

d0161525_1592647.jpg





このひょうたんをバラバラにすると・・・

d0161525_1595674.jpg



じゃ〜ん!

おくさん!
これ、ランチじゃないのよ!

d0161525_15132390.jpg


誰もが一度はいただいてみたいと願う、有名な瓢亭の朝がゆです。
私は、その存在さえ知らなかったけれど・・・。

4500円なり。
わお!


なぜ、このような贅沢が許されるのか・・・。
それは、茶道教室で、ひと月5000円の積み立てを3年近くしたからです。
と、いうことで、茶道教室の修学旅行(2泊3日)。
先生&弟子4人の旅、始まりはじまり。


第一日目

d0161525_16474644.jpg

朝8時35分、千歳発。
伊丹空港からバスと電車で八日市へ。
コンビニに飛び込み、おにぎりを適当に掴み取って電車に駆け込み、慌ただしく移動し、1時過ぎに到着。

なぜに八日市を目指すのか・・・。
招福楼の、27000円の懐石料理をいただくためである。
これが、今回の旅のメインイベント。
しかし、せっかくの、初めての八日市。
夕飯までの時間、貸切りタクシーで近江商人ゆかりの場所を巡る。


d0161525_1243297.jpg


BGMは、懐メロであったが、
「あはは!舟木一夫だって!」
な〜んて笑っていたら、資料館を見学してタクシーに戻ったらクラッシックになっていた。
なにも、そこまで極端に変えていただかなくても・・・。

d0161525_1713873.jpg


決断早く
欲浅き
早起き
辛抱
腹八分

なるほど。
丸紅、高島屋、西武、日本生命、ヤンマーディーゼル、ワコールなど、枚挙にいとまがないほど、近江商人が起こした企業は多い。売り手よし、買い手よし、世間よし、の「三方よし」がビジネスの基本理念。儲けたお金は、儲けさせてもらった土地に橋をかけたり、学校を作ったりすることで還元し、そうやって信用を得ることで商売を発展させていったという。自身は始末の良い暮らしを心がけ、ケチにはならない。ケチは、人を遠ざけるからだそうだ。
近江小人商売の心得十訓のなかにも、ほ〜!と思うものがいくつか。

売る前のお世辞より、売った後の奉仕。

景品は、お客を喜ばせる。つけてあげるものがない時は、笑顔を景品にせよ。

勉強になりましたッ!
ここで学んだことを生かすチャンスは無いけれど、つまり、誠実であれということですね。ハイッ!

d0161525_12281669.jpg




こんなスゴイものも。(すごすぎて、これは写し。)
本物は、きちんと管理してくれる所に預けているそうだ。

d0161525_12332248.jpg



歴史に触れる機会の少ない北海道人にとっては、芸能人に出会うほどのトキメキ。
昔の人は、良いこと言うね〜。

d0161525_13364623.jpg




さて、いよいよ、招福楼へ。
政治家が通りそうな渡り廊下。
ワクワク。

d0161525_13401847.jpg


d0161525_13404467.jpg




玉手箱の中は、
鯛と香茸
チシャ

d0161525_14181893.jpg






お椀の中は、何でしょう?
27000円のお料理に、一同、緊張の面持ち。

d0161525_14185257.jpg







松葉ガニしんじょうでした〜。

d0161525_14191199.jpg






マグロと平目のお造り

d0161525_14284527.jpg




黒川茸とマナガツオ

ほらよっ!
と、見せていただき、

d0161525_14482371.jpg



このように盛り付けを。

d0161525_14291188.jpg



次のほらよっ!
は、いかにも秋らしい盛り付け。
ステキです。
三種類のお品があります。

d0161525_14293352.jpg



(手前)長芋、はまぐり、いくら

(右上)からすみ、大根、えびいも、銀杏

(左上)うに、なめたけ、青菜の軸

d0161525_14295854.jpg




近江牛と、衣の中は梅と大葉と大黒しめじ

d0161525_15581220.jpg





我孫子芋
粘り強いとはこのこと。

d0161525_14303846.jpg




ほ〜らね。

d0161525_1430575.jpg






菊菜、かぶら、車海老の治部煮

d0161525_14342322.jpg






こもどうふの汁物、新米、日野菜、小ナス、大根のお漬け物

d0161525_14313772.jpg






銀杏餅

d0161525_14315567.jpg





飲んでしまった抹茶

d0161525_1432153.jpg





グレープフルーツのゼリーとマスカット

d0161525_14324552.jpg


お会計は・・・
サービス料20%、おまけに、お酒も少々いただいたので、一人、36806円也。
積み立てのおかげで、そう、動揺もせずに済みました。

一行、この後、電車で京都へ。最年長者71歳、元気です。

d0161525_16233935.jpg


翌朝、瓢亭で朝食を済ませた後は、超絶技巧美術品が揃う清水三年坂美術館へ。
今回の修学旅行で、1人1つ、望みを叶えるという企画の、Oさんの希望。


どうやって作るの?と思うような細かく美しい細工に、一生をかけたのではないかと思われるような見事な刺繍など。ため息、ためいきの鑑賞となりました。

d0161525_16254622.jpg

ランチは鴨川沿いのイタリアンSAGRA・・・

なのですが、誘惑に勝てず、途中でみたらし団子を一本ずつ頬張る。
うまい!!!

d0161525_1633455.jpg






鴨川沿いの、とてもステキなお店。

d0161525_16271977.jpg


お料理も、フレンチのようで、とても美味しい。
そして、料金も3000円台と安い。
ん?少し、金銭的感覚が麻痺してきたかも。

d0161525_16415638.jpg

ランチの後は、たわらやさんのショップをのぞき、私の希望で遊形のわらび餅を食す。
以前、夫と行ったお店
優雅な空間でいただく絶品わらび餅。
お腹いっぱいでもスルリと入る。

d0161525_1122637.jpg

次は、私の叔母であり、この団体の最年長者であるKの希望により、鍛金屋さんへ。
残るSの希望は美味しいものを食べることであるから、これで、全員の希望が叶ったこととなる。

d0161525_1657940.jpg

夕食は、伊勢丹の和久傳へ。
計画の段階では、やる気満々で張り切って予約したお店だが、
こう、ご馳走続きだと、さすがに戦意も薄れてくるというものだ。
予定より控えめの注文。

d0161525_1771435.jpg




だけど、〆がこれ。
半分残して、もう降参。

d0161525_1712557.jpg



ホテルに帰り、叔母を先生に自彊術体操教室開催。

全員、旅でトイレのリズムもくずれ、お腹の調子がイマイチ。体操なんてしたものなら、人様に迷惑をかけることにもなりかねないし、今後、お茶の席では後ろ指差されることも予想される。大きなリスクを背負っての参加を躊躇する者も現れたが、事件が起きた場合には、罪を人になすりつけることで窮地を乗り切ろうということで意見はまとまり、全員参加と相成った。
幸い、何事もなく、体操は終了。

翌日は、先生と叔母は奈良へ向かい、若者3人(?)は帰路につく。
飛行機の時間までチラリと観光やショッピング。
空港で昼食にいただいたお蕎麦の美味しかったことといったら・・・。
つくづく、根っからの庶民であることを痛感した次第でした。

d0161525_11454517.jpg

[PR]
# by bourreesam | 2016-11-14 12:00 | 京都