パグプー&ヨーキー 親ばか日記

bourreesam.exblog.jp

おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。

ブログトップ

日本って、本当に広い!

①緑

d0161525_11271889.jpg




エッ!

誘拐犯?!

d0161525_1134676.jpg





きゃ〜!
さらわれる〜!

d0161525_11275892.jpg




たすけて〜!

ってことで、
ポカポカな東京の緑。

②少し紅葉
d0161525_1438284.jpg



東京から戻って3日後・・・

信州で蕎麦。

d0161525_14415646.jpg




ってことで、松本は、少し紅葉。

相変わらず、夫の仕事にくっ付いて行くちゃっかり旅なので、単独行動多し!
朝も早よから自由の身になるので、まずは、お城見学。
次は、9時にオープンする美術館へ行き、その後、お店屋めぐり。d0161525_14534697.jpg



栄華を誇るためのお城は、白いのだそうですが、松本城は戦いのための城。
だから、黒い色をしているのだそうです。


「すんごいな、中!」
どこかのおじさん同士が手の平で、角度を示す仕草をしながら会話。
え?!何がすごいの?
気になり、私も中へ。

d0161525_1525356.jpg

お〜!これか?!
1段が、普通の倍の高さはある階段。
上る人と降りる人がやっとすれ違えるほどの、幅の狭い階段。
靴は、各自、ビニール袋に入れて携帯しているので、手すりを持つのもままならない。
エライコッチャな城内見学。
途中棄権するシニアも多数。
戦いのためのお城って、こうなのね。

d0161525_15431875.jpg


松本出身の芸術家というと、草間彌生。
水玉の世界を堪能してまいりました。

d0161525_15434495.jpg


そうして、今回、恋に落ちたのが飯沼秀樹
木彫りというと、鮭くわえた熊しか頭に多い浮かばない私。
かっこいい女性達に見とれました。
モデルは、各国の、道行くおしゃれな女性達。

d0161525_1544658.jpg



撮影が許されるのは、この部屋だけ。
他の作品も、それはそれは見事で、
もう一度、戻って見直したほど。
楽しかった〜!

d0161525_15444659.jpg


美術館の帰り道、オサレなカヘを発見して一休み。
雑貨屋めぐりの英気を養う。
松本には、2本の有名なショッピングストリートがあるらしい。

d0161525_15454073.jpg



こちらが、中町通り。
松本民芸家具屋さんなどもあり、若干の高級感を漂わせている。

d0161525_1237179.jpg


昼ごはんは、蔵っぽいお店で栗ご飯定食。
ムカゴの胡桃味噌和えが美味しくて、ムカゴのイメージが変わる。

d0161525_123875.jpg



家に帰って、早速実践。
胡麻と胡桃を擦って、味噌と味醂少々を混ぜ、茹でたムカゴを和えるだけ。
d0161525_15461128.jpg




こちらは、縄手通り。
庶民的。

d0161525_1557232.jpg

夜は、夫と待ち合わせて居酒屋へ。
ここらへんの日本酒の飲み比べ。
食べ物は、山賊焼きと長芋が名物。
馬刺しも美味しかった!

d0161525_15575415.jpg

夫の仕事が早く終わる日、レンタカーを借りて安曇野へ。
待ち合わせの時間まで、前日気になっていたけど休みだったカフェを朝イチでやっつける。

d0161525_15583230.jpg



これで、松本に思い残すことはない。

d0161525_15591211.jpg


さすが、笑っちゃうほどの雨男。
ワサビ農園までは小雨でなんとかイケたけど・・・。


ガラスミュージアムを見学している間に雨はどんどん強くなる。
じゃあ、ガイドブックにある雑貨屋へでも行こうかという話になったが、
車一台通るのがやっとの狭い山道。激しく働くワイパー、レンタカーをこする木々の枝。
本当にこの道かいな?と、不安は募り、夫は、もう、引き返したい言い出すが、それもできない細い道。
ドライブを楽しむところじゃなくなる。
で、やっと辿り着いたお店の商品は高額で買う気にならないという残念な結末。
旅には、楽しい旅と笑っちゃう旅の2種類があります。
後の方です。

③落ち葉

d0161525_15594320.jpg


3泊4日、人間の子No.2に1日2回来てもらいながら二人でお留守番したワンコ。
頑張ったね。

d0161525_1602190.jpg


で、ご褒美日の前田森林公園。

d0161525_161174.jpg



紅葉なんてもんじゃあありません。
日本て広いのね〜。

d0161525_1612538.jpg


おまけ

本日、今、現在の札幌

前田森林公園からわずか、1週間。
d0161525_12295519.jpg


[PR]
# by bourreesam | 2016-11-06 13:09 | 松本

願い

①雨
d0161525_14292230.jpg



ボクが雨の日にお散歩していると、
道行く人がクスッと笑います。


d0161525_14295164.jpg


お母しゃんがボクを呼ぶので、振り向くと笑われます。
何度も呼んで、その都度笑うのはやめてほしいです。



d0161525_14301630.jpg



どうして笑われるのか、さっぱりわかりません。


②願い
d0161525_1457689.jpg



ボクは、このポカポカのが欲しいです。

d0161525_152189.jpg



難しそうだけど、頑張ってみます。

d0161525_14574199.jpg




よし!
あともう少し。


d0161525_14575983.jpg




やった〜!
取れた。
ポカポカで気持ち良いです。


d0161525_15171379.jpg


お父しゃんは、最後のキャンプに願いをかけ、夕日にお祈りしましたが・・・

d0161525_15203296.jpg




願いはかないませんでした。

d0161525_15353235.jpg


[PR]
# by bourreesam | 2016-10-25 15:32 | お出かけ

「GO」をたしなむ

d0161525_14481912.jpg


多忙なお父しゃん。
「今年は、あと2回ぐらいかな〜。」
と、最後から2番目のキャンプへGO!


d0161525_14494859.jpg


素晴らしい秋晴れ。
だけどさ〜!
そんなに暑いかい?

d0161525_1450258.jpg





あづい!

d0161525_14524887.jpg

今回も、洋ちゃんシリーズ。
「幸せのパン」のロケが行われた洞爺へ。
前回は見つけられなかった丘の上のカフェ。
今回は、見事に発見!

カフェの名前はゴーシュ
店内に並べられた「セロ弾きのゴーシュ」の本や雑貨から、お店の名前の由来を知る。
BGMは、もちろん、チェロ。
飾られている楽器も、もちろん、チェロ・・・
ん???ベースか???
そんなはずはない!
ひょっとして、これはウッドベースに見えるチェロなんじゃないか???
チェロに詳しくないお父しゃんとお母しゃんは、たいそうモメた。
その時である。
窓からの、あまりに美しい景色をカメラに納めようとしていたお客さんに、
店主、すかさず駆け寄り、写真撮影はご遠慮くださいと注意。
店主、厳しい。
こだわりも人一倍強いに違いない。
やはり、これは、ベースに見えるけどチェロなのかも!
とても気になるので、お会計の時に思いきって聞いてみた。
「ベースです・・・。」
消え入るような声で答える店主。
デリケートな部分に触れてしまったに違いない私。

コーヒーとケーキは、とても美味で、いい時間を過ごしました。
そして、何より気に入ったのは、テーブルを照らしていたライト。
素敵〜!!!
次に行こうと思っている、近所のグラススタジオの作品に違いない。

と、いうことで次は、そのお店へ。
ここも、映画に登場したらしい。
写真、どんどん撮ってください!
という太っ腹なお店だったのにもかかわらず、
素敵すぎる作品に夢中になり、店内の写真撮り忘れる。
d0161525_14531778.jpg

お父しゃんは、ワイングラスを買おうよ!と言い、
お母しゃんは、ゴーシュと同じようなライトが欲しい。
とりあえず、今は、我慢だ。
次回、大枚抱えてやってきまっす!

d0161525_15105042.jpg


ラムヤートで、最後、一つだけ残っていたパンを朝食用に買い、湖畔を散歩。

d0161525_15114064.jpg


テント張ってキャンプしている人もたくさんいて、本当に気持ちの良いお天気。

d0161525_15125742.jpg


さ、今日は、何処で寝ようかね!
まるで、ホームレスのような会話を交わして一休みし、また、散歩。

d0161525_15134750.jpg



夕陽に照らされ、ブーレはイーブイに変身。

実は、わたくし、最近、「GO」をたしなんでおります。
いっぱい歩いて卵を孵化させることに凝っております。
ワンコの散歩も楽しくなりました。
湖畔には、ポケストップがたくさんあって、所々立ち止まり、お父しゃんに呆れられる。
元はと言えば、お父しゃんが、私の携帯に勝手にアプリ入れたのに・・・。
そのお父しゃんはハマると怖いと言ってやらず、
そんなのやらないから入れるなと言っていた私がこのザマ。
でも、年寄りこそやるべきだと思います。
捕まえるのがポケモンじゃなく、珍しいお花とかイケメンとかなら、
さらに夢中になると思います。
d0161525_15141678.jpg
そろそろ寝場所決めて夕飯か?
と思ったその時、お父しゃんが言いました。
「今日は帰ってゆっくりしようか?!」
貴重なお休み、おでかけもしたいし、家でゆっくりもしたいのでしょう。
しゃあないな〜。

d0161525_15144258.jpg


ラムヤートのパンは、翌朝、お家で食べましたとさ。
今年最後のキャンプは、札幌からうんと遠いところに行こうと心に決めたお父しゃんなのでした〜!
(簡単に帰れないから。)

[PR]
# by bourreesam | 2016-10-11 21:17 | お出かけ

 シルバーウィーク

①仇討ち


夫婦で、唯一の共通の趣味は、大泉洋ちゃんの出る番組を観ること。
「おにぎりあたためますか」で知った倶知安のうどん屋、ごころに心惹かれる。
で、シルバーウィーク、とある所に向かう途中に寄ることとなる。


d0161525_179524.jpg


お父しゃん、羊蹄山ぶっかけ。
人参、さつまいも、かぼちゃ、ごぼう、いんげんなどの、インパクト大のかき揚げ。

d0161525_17115978.jpg

わたくしは、健啖家ではないので、もう少しつつましく海老もちぶっかけ。
あとは〜、夫から盗ったかき揚げのカボチャやらさつまいもやら。
うどんは、注文してから茹でるので、待ち時間は長いが美味い。

d0161525_15241382.jpg

その後はとある所へ向かい、夜は、寿司屋へ。
でも、さすが、田舎。
ラーメンも定食もやっている。
板前さん不足なのか、1時間ほど待たされ、これが登場。
ネタは長いが、しゃりが小さく、味もイマイチ。
造花とかやめて!

全然お腹いっぱいにならないので、追加しようとしたら、また、40分ほど待てという。
ん〜!敵は思ったより手強いぞ。

実は、先日帰省した長男が寿司を所望しながらも、ついに、その機会に恵まれず、おやつに二つ三つつまんだ程度で涙を飲んで東京に帰って行った。
親は、息子の無念を晴らすべく、意を決して田舎で怪しい寿司屋に飛び込むも、その戦いは、こうして無残な結果に終わる。
店を出て、コンビニのおにぎりと餃子でお腹を騙しつつ、息子の仇を打てなかった親の力無さに、夫婦で悔し涙を流す。
よし!明日こそ!
とある所で一泊し、札幌に帰ったのは不運にも日曜の夜。
家の近所の人気の回転寿し店は長蛇の待ち人の列に違いない。
しかし、どうしても敵討ちをしたい我々は、そこそこの回転寿し屋に行き、そこそこの寿しをお腹いっぱい食べて満足してしまうという体たらく。
見事な戦いだったとは言えない。
息子よ!面目ねぇ〜!

息子から伝染した寿司くいてぇ病は、こうして、やっと、おさまったのでした。
寿司ってすごいねエ〜。


②とある所


d0161525_1618257.jpg





え?青森ヒバ?

調べてみたら、北海道でこの木が生えるのはここまでだそうです。
ここは、ほぼ、本州なのね。


d0161525_16283645.jpg


宿泊は、厚沢部(あっさぶ)の道の駅。
ここは、メークイン発祥の地でもあるらしい。
コロッケ購入。


d0161525_1539520.jpg




そして、念願の江差へ。

d0161525_15413964.jpg




いにしえと言われても、新しい建物が多く、町はきれいに整備されていて、少し残念。

d0161525_1693361.jpg




お花がきれいに飾られているのは素敵です。

d0161525_16504123.jpg


「なんか、珍しい岩があるらしいよ。」

お母しゃんの言葉に、お父しゃんも気軽な気持ちで、見に行く。


d0161525_16514485.jpg



「なんか、歩くとこあるね。」
と、歩いてみる。


d0161525_1652960.jpg




途中、ふざけてもみる。

d0161525_16572968.jpg





防波堤も歩いてみる。

d0161525_16581139.jpg




防波堤から、また、変な出っ張り見える。

d0161525_16591159.jpg




出っ張りも歩いてみる。

d0161525_170435.jpg



出っ張りから戻ると、階段があるから上る。

d0161525_1703942.jpg




なんか、やたら広いところに出た。

d0161525_171010.jpg



これ、何処まで歩くの〜?

d0161525_171288.jpg




不安MAXのお父しゃんの目の前に階段が現れる。

d0161525_1715915.jpg




お父しゃん、安堵。

d0161525_1762196.jpg


車で岩の前まで連れてきゃ、妻も満足するだろうと思っていた浅はかな夫。
マサカの長距離散歩になったのでした。


ご苦労さん!

[PR]
# by bourreesam | 2016-09-30 17:28 | キャンプ

突然パーチー

d0161525_1353318.jpg

向かって左側は、昔々の、長男のタイ土産、調味料入れのハグ人形。
塩と胡椒は、抱き合うほど仲が良いんだって。

では、右側は何でしょう?

d0161525_13532818.jpg




答えは、庭で生った調理用トマト。
なぜだか、頭付きが二つ。

d0161525_13561583.jpg

その、東京に住む長男が、思いがけず帰省。
新冠の娘と孫達も、偶然、同じ日に帰省。
結局、全員集まることになり、ちょっとしたお正月。
とうとう、テーブルに全員座れなくなり、キャンプ用を継ぎ足すはめに。
えらいこっちゃ!

d0161525_14241894.jpg
翌朝、娘達は帰ってしまったので、長男一家とソフトクリームを食べに行く。
長距離ドライブで、占冠の道の駅まで。

コナゴちゃん、もうすっかり二足歩行の達人。

d0161525_14272294.jpg

ほぼ食べてしまってからナンですが・・・
コーヒーゼリーの上に、何故かおこっぺ町の超美味しいソフトクリーム。
これに、ただいま、夫婦で夢中。
いや〜!美味い!!!

d0161525_14293699.jpg

そうだ!せっかくだから美しいかなやま湖も見せてあげたい!
ってことで、少し足をのばす。
先日の台風で被害の大きかった南富良野だが、かなやま湖は、もう大丈夫でしょう、という安易な気持ちで。

d0161525_14313092.jpg



でも、湖は茶色。木も、数本、根こそぎ倒れていて・・・。
被害の大きさを目の当たりにし、ショックを受ける。

d0161525_1436465.jpg






倒木に行く手をはばまれ、戸惑うコナゴ。

d0161525_14381939.jpg






あたち、こんなことでへこたれないわ!

d0161525_14392592.jpg





先頭切って大地を踏みしめ、突き進むコナゴ。

d0161525_14325010.jpg








かなやま湖しゃん、頑張ってね。
コナゴも応援するから。


d0161525_14401684.jpg



じゃ!またね!

ぶ〜ん!


[PR]
# by bourreesam | 2016-09-21 13:12 |