パグプー&ヨーキー 親ばか日記

bourreesam.exblog.jp

おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。

ブログトップ

長閑

礼儀作法がなってiない!教養が無い!立ち振る舞いがガサツだ!
これらを克服すべく、今年から茶道を始めた。習いたての着付けで、着物も、きていく。着付けは、、正しい日本の婆ちゃんの必須科目だ。「寄るな!さわるな!」と言ったおぼえは無いが、ワンコは、着物には、寄ってこない。これを着ると、しばらく帰ってこないので、二人でうなだれるだけである。月に2回のお稽古のうち、1回は、マンツーマン。毎回、大恥をかく。

昨日のお稽古でのことである。
紫と黄色に色づけされたきれいな和菓子を出された私は 「わ~!きれい!パンジーみたいですね。」と言った。先生はニッコリ笑って「あやめです。」と、おっしゃった。
次は、出しぶくさだ。 「この、ツガイのカモ、かわいいですね。」と言う私に、先生は、またまたニッコリ微笑んでこうおっしゃった。 「水鳥ね。」 
お茶勺の時は、ひどかった。「これは、清水の舞台でしょうか?」と問う私に 「おいおい!」と、お茶室にはふさわしくない言葉で、先生は、素であきれ果てた。「これは、八つ橋です。ね?八つ橋。」 京都の修学旅行のお土産とは、明らかに違う八つ橋らしい。私が、当然、知っているであろうという前提でお話されているのがわかる。でも、私は、知らない・・・。内心焦る。頭がクラクラする。 「カキツバタと池と橋で、あ!八つ橋!って、ピンとくるものなのよ。」 家に帰って、早速、調べた。愛知県知立市八橋町にあるカキツバタの名所で、千年以上前からあるらしい。カキツバタを眺めるために、池に橋が架けられている。
先生は「教え甲斐があります。」とおっしゃり、いつも、私に、たくさんの本を貸してくださる。白い画用紙に絵を描くような気分なのだろう。撥水加工の紙に水彩画を描いていることに気づくのも、時間の問題だ。

「のどか」を「長閑」と書くことも、昨日まで知らなかった・・・。長いヒマ。惹かれる言葉だ。
d0161525_1662015.jpg
長閑1
d0161525_1675412.jpg
長閑2
d0161525_1610425.jpg
長閑3
d0161525_16111825.jpg
のどか4emoticon-0152-heart.gif

[PR]
# by bourreesam | 2010-05-20 16:32 | 茶道 | Comments(2)

サム、出生の秘密。

d0161525_8341798.jpg
ゴールデンウィーク、新冠から孫のポン太が来た。
実は、サムは、血を分けた(?)実の子では、ない。娘が飼っていたワンコである。ワンコを飼ったとたん、娘は妊娠した。江川入団が確実となった娘の家では、おしっこをそこらじゅうにばらまく小林の、今後の身の振り方が問題となった。(古い例えだ。)とりあえず、トイレのしつけをしっかりせねば・・・ということで、サムは我が家で預かることになり、そのままトレードとなった。娘のワンコが羨ましくて、一週間後に私もブーレを購入していたので、いきなり、2匹の子持ちとなった。。d0161525_15491478.jpg
お気に入りのブーレのベッドは、今は無い。

孫のポン太♀は、バレンタインデー生まれの、1歳。最初は寝たきりだったのに、4つ足で歩くようになり、今では2足歩行。ワンコも、戸惑いを隠しきれない様子だ。最初、ブーレは、ポン太が大嫌いだった。ポン太が我が家にやって来ると、家具の下に隠れ、イジケていることを、わかりやすくアピールした。しかし、最近は様子が違う。ポン太にぴったりとくっついている。ただし、食事の時、限定だけど・・・。ポン太は、食欲が恐ろしいほどある。食後の、破裂しそうなお腹から、ポン太というニックネームがついた。朝、起きて来て、私が食事の支度をしているのを見るやいなや、くわえていたオシャブリを床に置く。とにかく、やる気満々なのだ。1歳になったとたん、自分ひとりでスプーンで食事をするようにもなった。手伝おうとすると、怒る。当然、食べ物は、ポン太の口に入るより、落下する分の方が多い。ブーレが離れないわけだ。不本意ながら、ポン太に「じいちゃん!ばあちゃん!」と呼ばれる日も近い。立派な年寄りマークを貼り付けられる気分だ。いずれ、ポン太は「サムを返して」と言うかもしれない。そ の時には、これっきゃないだろう。
d0161525_16231735.jpg
d0161525_16371371.jpgポン太が帰った後は、4人でゆっくりバーべキューをして飲んだ。やっぱり、このメンバーが落ち着く。
[PR]
# by bourreesam | 2010-05-19 16:55 | 手芸 | Comments(6)

2年前。

d0161525_12201150.jpg庭のさくらんぼの花が満開。札幌にも、やっと春が来た。

2年前、ワンコ達が来たのも、今頃だ。可愛かった。d0161525_1225575.jpg

ジャックラッセルテリアを目当てに行ったのに、あまりの可愛さと、毛が抜けないという、店員さんの殺し文句に、ブーレを購入した。
確かに、毛は二人とも抜けない。一番、毛が抜けるのは、夫だ。d0161525_12484350.jpg

サムだって、ディズニー映画「美女と野獣」の野獣似に成長するなんて、思ってもみないほど、可愛かった。
d0161525_1305522.jpg

少年時代、サムは、DAIGOに似ていたこともあったのだ。
d0161525_12303324.jpg

まあ、いい。


振り返れば、今まで色々あった。

手術も経験した。
d0161525_12382454.jpg

お正月には、獅子舞もした。
d0161525_12405848.jpg疲れた~!


ついでにブーレも、まねきねことして活躍した。d0161525_12433322.jpg
ぼけぼけ。

つづく・・・。
[PR]
# by bourreesam | 2010-05-18 12:19 | ワンコ | Comments(2)

はじめまして。

おかげで、リビングの家具はボロボロだ。
テーブルの足に至っては、砂時計の様相を呈している。
嘔吐物で異様な匂いを放つようになったソファは、布からレザーに張り替えた。
亡き父の好みで和風に仕立てられていた庭は、業者の手によって石や木々が取り払われ、ちょっとしたドッグランになった。
我が家の経済を脅かす犯人は、2年前にやって来たこのヒト達である。

狸小路(たぬきこうじ)サム 2歳。札幌の狸小路出身。どうしても飛び出る下の歯がチャームポイント。甘え上手。d0161525_1329367.jpg

大江(おおえ)ブーレ 2歳。ダイエー出身。性格の悪さが売り。人間には従順だが、サムには厳しい。d0161525_1333546.jpg


誕生日は、ブーレの方が4日遅いが、サムよりも一月ほど早く家に来たブーレは、サムを見下す。
サムが、こんなことや(頭にクッションを乗せて喜んでる。)、
d0161525_13353643.jpg

こんなことをすると(クッションの下に隠れている。)、
「こいつ、馬鹿じゃないか!」って顔で、冷たい視線を送る。
d0161525_13382895.jpg

女の方が、ちょっと冷めてて、犬の世界も、人間の世界も同じだ。
[PR]
# by bourreesam | 2010-05-17 13:47 | ワンコ | Comments(2)