救命胴衣

d0161525_16313322.jpg







「ブーレちゃん、何、着てるとお~もう?」 
d0161525_163216100.jpg






「サムも、何、着てるとお~もう?!」 
d0161525_16332492.jpg



「えっ?!なんでしゅか?なんで、持ち上げるんでしゅか?ブーレちゃんは、バッグじゃないでしゅよ。いまや、2つのブログを掛け持ちする、売れっ子アイドルでしゅよ。」 
d0161525_16335971.jpg



「わかりまちた。おぼれたら。こうやって、助けてくれるんでしゅね。」 
d0161525_16452519.jpg






「ね~、サム君!カヌー乗るの、楽しみ?」
d0161525_16455193.jpg


「しょりゃ~!楽しみだよ~。」


「晴れるといいね。」


カヌーはレンタルだ。救命胴衣も、ワンコ用しか、買ってない・・・。037.gif
[PR]
# by bourreesam | 2010-07-16 09:52 | カヌー | Comments(4)

嵯峨野めぐり

朝8時にホテルを出て、再びお墓に向かう。昨日は、お花を供えた。でも、お線香を忘れた。お墓参りに来たというのに、何ということ・・・。心残りだったので、もう一度行く。
宮津の町並み。夫にはごく普通の景色に見えるらしいが、北海道育ちの身には、この和の佇まいが新鮮だ。高い建物は、めったに無い。
「こっちって、へん~な人が多いと思わへん?」と夫は宮津に来る度に言う。暖かいせいで、顔に締まりがないという。そういえば、この人を北海道に連れていったら、即、凍死だろうな・・・と、思わせる人物は多いかも。パンチの効いた変な人の含有率は確かに高い。d0161525_11115836.jpgd0161525_11131456.jpg


お墓参りの後は、京都市内に向かう。宮津から、車で約2時間。飛行機までの時間を、久々の嵯峨野めぐりで過ごすことにした。北海道人の私にとって、南国のフェニックスと、竹林は、憧れの植物。

半ズボンにリュックサック。有名な画伯を、彷彿とさせる。
d0161525_11362193.jpg



途中、素敵なカフェで昼食をとる。 昔、旅の途中で一目ぼれして買ったホーローの赤いポット。同じものがあったので、嬉しくなって記念撮影。
d0161525_1145164.jpgd0161525_13141877.jpg


精進ご飯ランチ。嵯峨野の有名店のお豆腐や、無農薬野菜が使われている。
d0161525_1146194.jpg



旅の記念に、お猪口を2個、購入。d0161525_11483081.jpgd0161525_1125953.jpg


茶道初心者の私に、これは必須。毎週末、私にお茶を飲まされる夫も、今ではお抹茶セット好き。
d0161525_11495120.jpg



まとまった休みは、ワンコとキャンプで過ごしたい一心で、駆け足のお墓参り。たった1泊だったけど、充実した旅だった。
小次朗&トキの飼い主に住み込みで面倒を見てもらい、家でお留守番していたサムとブーレ。帰った時の喜びようといったら・・・。今度は、一緒に旅行しようね。
d0161525_1432857.jpgd0161525_144164.jpg
[PR]
# by bourreesam | 2010-07-14 11:25 | 京都 | Comments(4)

丹後の宮津

二人きりで旅をした。新婚旅行も無かったので、初めてのことである。行き先は、夫の産地である京都の宮津。目的は、お墓参り・・・という、オチだ。015.gif宮津は、日本三景「天の橋立」で有名である。子供達がいた頃には、2年に1度、フェリーで車ごと行き、天の橋立での海水浴を楽しんだ。夫の両親が他界してからは、行くこともなくなり、久々の帰省である。d0161525_1312941.jpgd0161525_131597.jpg
d0161525_1375276.jpgd0161525_1383798.jpg
関西空港でレンタカーを借り、宮津へ向かった。途中、丹波で昼食を取る。せっかくなので、自らを黒豆で攻めてみる。黒豆入りのうどんを食べ、名物の黒豆パンも2種類購入し、黒豆プリンも買ってみる。なんと、黒豆パンを購入した者には、もれなく、黒豆コーヒーのサービスがあるという。思った以上の黒豆漬けとなった。
「よばれよか~!」と、夫がいきなり関西弁にシフトするので驚く。そうだ!この人は、関西人だった。

d0161525_14441863.jpg

関西空港から宮津へは、およそ3時間かかる。京都市内とは、また、違った、日本昔話の世界が味わえる。川で洗濯なんてことが、ごく最近まで当たり前だった地域もあるほどだ。北海道の国道には、エゾシカや、キタキツネに注意しなさい、との看板があるが、こちらは、タヌキやイノシシだ。野生のサルを見かけることもあり、驚く。
まず、お寺に行ってお墓にお花を供える。


d0161525_13163043.jpg

念願だった、金引の滝に行く。夫の家の近くにあり、私の大好きな場所だ。夫にとっては、慣れた遊び場。「あんなところの何処がいいの?!」と、言うが、何故か、とても惹かれる場所だ。

d0161525_13314977.jpg

夫の幼なじみが働く天橋立ワイナリーを尋ねる。面白すぎるツーショットに、思わずカメラを向ける。夫の友人は、バリカンを3ミリにセットして頭を剃るそうだ。3ミリ負けた。
窓の外には、うっすらと天の橋立の松並木が見える。
d0161525_13323082.jpg

泊まったホテルで夕食をとる。宮津には似つかわしくないフランス料理。但馬牛や岩牡蠣が旨い!
d0161525_1332521.jpg

夕食後、仕事を終えた夫の友人と宮津の街に繰り出す。やっぱり面白いので、また、写真を撮る。

d0161525_13351260.jpg

d0161525_13354145.jpg
普通、生牡蠣は、Rの付く月にしか食べることができないが、今時期だけ、このあたりでは生の岩牡蠣がいただける。身が大きく、とても美味しい。初めて食べた鳥貝の美味しさにも驚いた。何度も来ている宮津なのに、こんな美味しいものがあるなんて知らなかったと感動する私に、夫が、「まあ、そう言ってやるなや。」と笑った。
[PR]
# by bourreesam | 2010-07-12 22:25 | 京都 | Comments(2)

ヨツゴロウ王国

人間の子供の飼い犬、小次朗とトキをたまに預かる。二人とも、抜け毛はひどいし、去勢していない小次郎は、あちらこちらにマーキングするし、ブーレにセマるし、迷惑この上ない。でも、預かってあげないと、ウチのワンコ達も、面倒を見てもらえないので、シブシブあずかる。まるで、動物王国だ。人間の膝をめぐる熾烈な争奪戦もしばしば繰り広げられる。
d0161525_11454034.jpg

d0161525_11462132.jpg

小次朗&トキは、保育園(うち)のごはんが何より楽しみ。

「今日も濡れてるご飯でちゅか?」


d0161525_1151423.jpg

一度も顔を上げないまま、一気に食べる。息をするのもママならない感じ。
d0161525_11465117.jpg

園長先生より、「おかわりは如何ですか?」との、嬉しい申し出がある。誰も断らない。
d0161525_12381285.jpg








「サム、もっと食べたいな~。」 
d0161525_11472741.jpg


「トキちゃん、帰らないで。」 
d0161525_1153108.jpg



「コジちゃんも、もっと遊ぼうよ~。」

コジにお別れのペロペロをされ、地味に困っているブーレ。
きゃわいい~!053.gif
[PR]
# by bourreesam | 2010-07-08 18:08 | ワンコ | Comments(0)

有能なホスト&ホステス

d0161525_1683046.jpgピチピチの、20代の若者が4人、やって来た。夫の職場で一年に一度刊行される雑誌の中の「お宅訪問」の取材である。今回は、夫に白羽の矢が当たったので、面白そうだから引き受けた。18時間録音できるレコーダーをテーブルの真ん中に置き、5時半から11時まで取材は続いた。最初は、お料理にも手をのばせないほどカチカチに緊張していた彼らも、お酒が進むにつれて饒舌になり、話題は加速度的に、重力に従って下へ下へと、転がり落ちて行った。もう、誰も止めることは出来なかった。彼らは、今頃、あのテープから原稿を起すことに、苦労しているに違いない。使えるところなど、無いのだから・・・。
「お兄しゃん、いらっしゃいませ。歓迎のチューでしゅ。」 


d0161525_15473366.jpg d0161525_15475915.jpg
「お姉しゃん、サム君の熱いキッスをどうじょ。」


d0161525_1554198.jpg

「ブーレちゃんも、お姉しゃんにチューしましゅ。」 


d0161525_15551555.jpg


「お兄しゃんたち・・・しょれは、反則でしゅ。」 
d0161525_17103928.jpg
「特別に、あと1回だけ、反則させてあげましゅ。」 

d0161525_16102137.jpg

d0161525_204247100.jpg



d0161525_15445089.jpg
「ブーレ、お疲れ様!」

「話ちかけないで・・・。ちかれてるの。あたち。」

[PR]
# by bourreesam | 2010-07-04 17:28 | お客様 | Comments(5)


おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。


by bourreesam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

ピーポー
at 2017-09-23 10:07
作りたい!
at 2017-09-17 09:20
サマーカット
at 2017-09-15 15:22
孫にうつつを抜かしていたら
at 2017-09-04 15:28
十勝で真鍋る
at 2017-08-14 09:34

タグ

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by bourreesam at 13:30
コメント閉じていらっしゃ..
by hanako at 11:17
Hiro様 え?!..
by bourreesam at 18:18
ブーレママ、おひさしぶり..
by Hiro at 18:22
元気してますか・・・・ ..
by ナナ at 22:45
カズの母様 ありが..
by bourreesam at 22:07
何時も楽しく拝見していま..
by カズの母 at 17:05
パールママ様 ブラ..
by bourreesam at 21:29
ナナ様 私も、鶏に..
by bourreesam at 21:23
キレイな色のお酢になりま..
by パールママ at 14:42

検索

ブログジャンル