タグ:旅行 ( 33 ) タグの人気記事

ル パン コティディアン

d0161525_16203378.jpg


d0161525_16212230.jpg

わお!
スケルトン?
こんなバス、初めて見た。

乗ってみたかったわ~。

d0161525_15405235.jpg
日曜日の繁華街。
殆どのお店は休み。
これでいいの!これで。
お休みは、皆でゆっくりしましょう!

ちなみに、翌日は月曜日だけれど、国鉄がストライキ。
どっこも行けません。
皆、慣れっこだから、文句も言わず何とかします。

d0161525_15433380.jpg


日曜日、皆はどこで遊ぶのかというと、ヘベレーの日曜市。
金曜市とは違う場所で開催されます。

d0161525_1556230.jpg


あ!まだ、ワッフルを食ってなかった!
と、宿題をこなす夫。
外側カリカリ、中、ふんわり。
やっぱり、美味い!

d0161525_15443834.jpg

お昼ご飯も日曜市で買い、ホテルに戻ると、
レストランのおばさんに呼び止められ、
「内緒ね。」
と、コーヒーをポットに入れて持たせてくれる。
やった~!

d0161525_15454526.jpg

チキンを見ると、また、欲しくなり、
そこで売っていたパエリアも購入。
肉も魚介類もたっぷりで、予想以上に美味。

d0161525_15463318.jpg


さて、今回の旅では


ベルギービールも飲んだし、

d0161525_15472447.jpg




ムール貝も食べた。
一人分がこの量。

d0161525_1631840.jpg
そしてそして、カフェコティディアンの、懐かしのドーム型のチョコレートケーキも
一切れ買ってきて食べた。
夫が
「ロイズの生チョコを10個ぐらい固めて食ってるみたいだ。」
と・・・。
それほど濃厚。

d0161525_165523.jpg

ホテルから近かったこともあり、コティディアンには、今回、大変お世話になりました。
帰国の日も、通勤通学ラッシュの中、未練たらしく朝の七時半に行ってみる。

d0161525_1662616.jpg


さすがに、お客さんが少ない・・・と、思っていたら、この後、瞬く間に満員に。
人気あるのね~。

d0161525_167329.jpg


ここのパンとバターが忘れられなくなりそう。

d0161525_16512.jpg
コティディアンは、オーガニックにこだわったお店だが、
もう一つ、オーガニックにこだわったファストフード店EXKI(エクスキ)も、ベルギーから世界に進出している。
スーパーのチョコ売り場には、パームオイルフリーという文字があったし(パームオイルのとり過ぎが身体に悪いなんて知らなかった)、そういう意味での意識は、とても高い国だと思う。
d0161525_16122222.jpg



ルーベンのクリスマス市は、私達が帰った翌日から開催される。
お決まりの、メリーゴーランド設営中。

d0161525_16133447.jpg



街の中の華やかさも増してきて・・・

d0161525_1614297.jpg

d0161525_1685421.jpg


d0161525_1695129.jpg


d0161525_16182960.jpg



何とも、去りがたし・・・。

後ろ髪を引かれる思いで帰ってきたルーベン。

でも、年末に東京から帰ってきたお嫁ッチのお土産に狂喜乱舞!
コティディアンの料理本!おまけに、ジャムとパンも!
クロワッサンの大きさは違うけど、東京のル パン コティディアンも、かなり優秀。
朝も、七時半から開いてるみたいだし・・・。
今度、東京へ行ったら、絶対に行くぞ! 
d0161525_16223512.jpg


[PR]
by bourreesam | 2015-01-08 13:54 | ベルギー

ブルージュ

d0161525_1619899.jpg

最近は、夫の仕事にくっ付いていくという旅行ばかりなので、
旅先でのお出かけは、一人が多い。
多少のスリルはあるが、気を遣わず行動できるのは嬉しい。

土曜日、14年ぶりにブルージュに行ってみようと思った。
仕事が休みの夫も一緒に行くと言いだした。
文句言わないで、お利口に付いて歩けるのか?と聞くと、
それがワシの持ち味だと答える。
仕方が無いので連れて行く。
ルーベンから電車で1時間半。

d0161525_16224643.jpg

d0161525_16233732.jpg


屋根の無い美術館と言われるブルージュ。
ルーベンとはまた違った、可愛らしい街並み。

d0161525_16265192.jpg


しかし、静かなはずのブルージュの様子がなにやらおかしい。
駅を降りた途端から、人の多さにビックリ!
早速、一緒に来たことを後悔し始める夫。

d0161525_16301471.jpg

ハッ?!
クリスマスマーケット!!!

夫、愕然。
テンション下がる。

d0161525_16304774.jpg

妻、
やった~!
テンション上がりまくり、
出店を一つ一つ、じっくりと楽しむ。

d0161525_16245221.jpg

夫、付いてきてしまった手前、
ガマン。
目が合うと、一応、作り笑いで応える。


d0161525_16203533.jpg


広場の真ん中にはスケートリンクが出来上がっている。
クリスマスの飾りつけがキレイだな~。

d0161525_1627329.jpg

しかし、さすがに、この人ごみは、混雑嫌いの夫がかわいそうだ。
頑張って良い子にしているから、なおさらである。

d0161525_16281893.jpg


お昼でも食べようか?!
ってことで、人通りの少ない道を選び、街をさまよう。

お!ブルージュのブーレちゃん!!!053.gif

d0161525_16254457.jpg


偶然見つけたアンティーク家具の美術館の受付には、
サムと同じような味を出してるワンコ。053.gif

そしてそして、と~ってもいい感じのお店を発見!
スープとパンとか書いてある・・・ような・・・。(何せ、オランダ語)
夫が、スープが飲みたいと言うので、ガラスのドアに顔をぺったりくっ付け、中をうかがってみる。
目が合ったお食事中のおばあちゃんが
「ここ空いてるよ!」
と、隣のテーブルを指さす。
面倒くさいことになりそうだと思いつつも、その席に座る。
お婆ちゃんは、何かと気を遣ってくださるが、意外と無口で安心。
日本語ならまだしも、英語で話しかけられるのは大変なもので・・・。

d0161525_16213014.jpg

THE GULLIVER TREE
なんて素敵なお店。家にいるみたいにくつろげる雰囲気。
スープも、とても美味しい。
煎茶レモンとか、ミルクウーロン茶なんてのもありました。

d0161525_1632524.jpg

食事の後は、運河のあたりに行ってみようかと、
地図を片手にさまよう。
やっと、おなじみの場所に出ました。

d0161525_16325795.jpg

昔は、日本からお客さんがあった時に、何度か、運河クルーズをした。
懐かしいね~、なんて言いながら乗り場を見て、またまたウンザリ。

d0161525_16332930.jpg



この、混みよう。

d0161525_16341034.jpg



夫が発狂する前に帰ることにする。

d0161525_16351756.jpg


ベギン会修道院を通り、駅へ向かって歩く。

d0161525_1636119.jpg

夫、ルーベンへの列車の時刻を確かめる。

ここから、二人でボンガボンガ走ることになる。

d0161525_16365413.jpg


走っている途中にも素敵な風景がいっぱい!
妻は、なかなか去りがたいブルージュでした。

d0161525_14164313.jpg

d0161525_16193371.jpg


ブルージュのキリストは、まだ、生まれていませんでしたとさ。

[PR]
by bourreesam | 2014-12-22 14:28 | ベルギー

里心

d0161525_11104296.jpg

ルーベンのススキノ、アウデマルクトの、昼の顔と夜の顔。
何十件ものビアカフェが連なり、世界一大きい飲み会会場とも、世界一長いバーとも言われている。
暖かい季節は、この広場がテーブルと椅子で埋め尽くされ、学生でごったがえす。
街をあげてのロックフェスの時には、ほとんどの会場は無料だが、
この広場だけは、出入口が封鎖され、唯一、有料会場となり、
メインステージの役割も果たす。
老若男女、ベルギービール片手に、それはそれは盛り上がる。
d0161525_11143329.jpg



さてさて、金曜日は、お待ちかね、金曜市が開かれる日です。
この日ばかりは夫も仕事をちょっと抜けて・・・
d0161525_11434821.jpg




並ぶ。

d0161525_11474740.jpg
鶏一羽を焼いただけでも、すごい油がしたたり落ちるのに、
これだけ焼いたら、どんなことになるのでしょう。

でも、やっぱり、美味いんだなぁ~。
鶏肉の味が、しみじみと深い。

d0161525_1155742.jpg


いつもは、図書館前の広場で行われる金曜市。
クリスマスシーズンは、大通を歩行者天国にして開催。

d0161525_11591923.jpg


図書館前は、クリスマス市の準備中だからです。
あ~!行きたかったよ~!!!

d0161525_11553777.jpg
金曜市には、サンタクロースの原型、セントニコラスも登場!
黒人のお供、ピートを連れて、スペインから船に乗り、
オランダの子供達にプレゼントを配りにやって来るのです。
ベルギーと、フランスの一部にもやって来るらしい。
d0161525_13232733.jpg
金曜の夜は、B夫妻のお招きで、ファカルティクラブでお食事。

奥さまが、
「セントニコラスは、黒人のお供を連れているということで、最近は、批判を浴びているのよ。」
と、話していたような気がする。
私の推測が正しければ・・・。(^_^;)

d0161525_12364074.jpg


ファカルティクラブは、ベギンホフにある。
ベギンホフと言えば、我々のかつての住まい。

d0161525_12375394.jpg



ここが、懐かしの我が家の入り口。

d0161525_12383187.jpg

中世そのままのたたずまいが美しく、ここに暮らすことが出来たことを幸せに思う。

部屋に洗濯機を置けなかったことを除けば・・・。
d0161525_12431118.jpg

d0161525_12385575.jpg


夜、人間の子№2から、こんな写メが届く。

お父しゃんとお母しゃんも会いたいよ~!

[PR]
by bourreesam | 2014-12-16 13:27 | ベルギー

あっちもこっちも

d0161525_13120721.jpg
いつも借りていた世界遺産のベギンホフは、短期の貸し出しはしなくなっため、
宿泊先は、クロースターホテル。
雰囲気はベギンホフに似てるが、キッチンが無いのが辛い。
でも、BS日テレの「大人のヨーロッパ街歩き」で、
朝食が美味しいとか言ってたな。053.gif
1人前20ユーロもするが、一度は食べなきゃ気がすまない。

翌朝。

054.gif

ただの、よくある朝食バイキング。
特別美味しいわけてもない。
20ユーロの価値は無い。

と、言うことで、
その次の日から通うようになったのが、いまや、日本にも進出している
ル パン コティティアン
ホテルから近い。
昔は、ドーム型のチョコレートケーキが美味しくて、よく買ってはいたが、
こんなに出世するとは・・・。
d0161525_21295251.jpg
クロワッサンが、とにかく美味い!
日本のお店でも同じのが食べれるのかな〜?
是非、札幌にも来てほしいと思います。
d0161525_21372248.jpg
夫のお気に入りは、これ。
朝からスモークサーモン。
これまた美味い。
ベルギーでは、不思議な味付けに戸惑うことは、あまりない。
きっと、日本人と味覚が似ているのだと思う。

ベルギー初日は、ルーベンで過ごす。
乗り物無しで回れるルーベンの街歩きは、
とても楽しい。
d0161525_12541015.jpg
カフェだらけの街は、
休憩先もよりどりみどりだが、
私は、やはり、コティティアン。

d0161525_01150116.jpg
今回見つけた可愛いカード。

二日目は、電車に乗り、1人でブリュッセルへ。
都会の街歩きは、乗り物が頼り。
ジュ ド バル広場の蚤の市に向かうには、メトロを利用しなければならない。
切符を買うために窓口へ行くと、窓口のオッさんが、ニッコリ笑って日本語で
「こんにちは」
と、言う。
私の後ろには待っている人が数人いるのにもかかわらず、
彼の、日本に行った時の話が始まる。
あ!あの、日本びいきのオッさんだ!
窓口は2つあるというのに、また、このオッさんって・・・。
彼は、また、手帳を出し、私に見せる。
「僕の彼女だ。」

「ビューティフル!」
と、言ってあげる。

「リョーコ ヒロスエだ。」
彼が言うので、

「知ってるよ!」
と、笑う。

後ろで待ってる人は、誰も怒らない。
皆が、ゆっくりだから。

今回は、ナンパしてもらえなかったのが、
本当に残念だ。
d0161525_12555163.jpg
ジュ ド バル広場。
底値市と言われるだけあって、売ってる人達の人相悪すぎ!
すぐさま帰ろうと思ったが、見ているうちに面白くなり、2時間以上ウロウロ。
欲しいと思う物は、重くて大きいものばかり。
そんな中、可愛いお菓子の缶を発見。
手に取ると、
「3ユーロ!」
と、言われる。
こんなん、ただじゃないか!
と、思いながらも
「2ユーロ!」
と、交渉。
当然、成立。
ま、むこうにも生活がありますから。
d0161525_13325499.jpg
けっこうデカイ。
持参したショッピングバッグにむりやり突っ込み、持ち歩くが、
あっちにコン!こっちにコン!
ホテルに戻ったらベコベコだった。

次はルイーズへ行き、お気に入りの雑貨屋とカフェへ。
ベルギーでは、トイレはお金がかかるので、そのためにもカフェに行く。
d0161525_13475215.jpg
また、日本語で
「こんにちは」
と、言われる。
少し面倒くさい。
昨日同様、ランチを逃したので、夕飯を考慮し、レモンタルト。

メトロを乗り継ぎ中央駅に戻り、徒歩でグランサプロンへ。
ヴィタメールでチョコレートを買い、また、歩いてグランプラスに行く。
我ながら、意地汚いスケジュールだと思う。
まだまだ行きたい所はあるが、疲れて諦める。
寄る年波には勝てない。
悲しい。
d0161525_01282413.jpg
グランプラスには、
大きなツリーが飾られている。
でも、まだ、クリスマスマーケットが開かれていないのが残念。
ルーベンのクリスマス市も、私が帰った次の日から始まるらしい。
d0161525_04205755.jpg
キリスト降誕の場面が再現された人形が飾られ、生きた羊もいる。
d0161525_09331438.jpg
ルーベンでは、赤ちゃんの人形は24日に置かれるが、
ここは、もう、産まれちゃってる!
d0161525_10105567.jpg

d0161525_10264485.jpg
あっちもこっちもクリスマスの電飾できれい。
d0161525_10250815.jpg
最後はカフェでトイレを借り、帰路につく。

[PR]
by bourreesam | 2014-12-07 13:10 | ベルギー

オカマを見に行く

d0161525_14262189.jpg

d0161525_15153030.jpg

「サム君!
ブーレちゃん!
お留守番、頑張ってけらっしゃい!」

d0161525_15251641.jpg
「お父しゃんとお母しゃんはオカマを見に行ってくるからね。」

しょんな訳で、二人でしょんぼりしているのれす。


パンパカパ~ン060.gif

では、オカマの登場です!




d0161525_15325613.jpg

d0161525_15401488.jpgはい!
山形は、蔵王の御釜でした。
素晴らし~!!!
でも、山の上は、とても寒い!
念のために持っていったセーターもコートも着て、駐車場から少し坂を上りました。
ハイヒールと革靴で。

d0161525_13283359.jpg
次は、山寺へ向かうぞ~!
でも、その前に腹ごしらえ。
ガイドブックを頼りにたどり着いたそこは、
なかなかパンチのきいた蕎麦屋であった。

d0161525_13301240.jpg「あれだね!美味い蕎麦屋ってのは、なかなか、クセのある所が多いね。」
と、お父しゃん。
ふと、ななつほしを思い出す。

お蕎麦を頼むと、もれなくついて来る副菜。
でた~!山形名物もってのほか。

d0161525_13332426.jpg「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」
と、いうことだそうです。
朝食にも出たし、そりゃ、もう、いたるところで攻められました。
でも、シャキシャキの歯ごたえが病みつきに。
d0161525_13342123.jpg


芋煮もずんだも何回も食べたな~。

d0161525_15431510.jpg

お蕎麦屋さんの窓からの景色がとてもきれい。
秋だね~。
菊は、もってのほかではありません。
月のように見えるのも、月ではありません。

d0161525_1347519.jpg
はい!山寺に到着。
駐車場のオバさんが山の上を指さして言う。
「あそこね!」

おいおい!
ハイヒールと革靴だぞ!

d0161525_13564210.jpg

階段、1000段上って、やっとたどり着く。
お父しゃん、もう、ダメか?!

d0161525_1438966.jpg

ぜ~んぜん余裕だよ~!
サムとブーレといっぱいお散歩しているお蔭だね。

d0161525_1651478.jpg


d0161525_14292895.jpg


下りは、膝がわらいます。

d0161525_13575324.jpg

それにしても、すごい所。
北海道には無い景色。

d0161525_14335683.jpg


酒どころ山形では、毎晩、日本酒。
d0161525_14325646.jpg


いや~!食べた、たべた!
のんだ呑んだ!

楽しかった~!
山形までは仙台から高速バスで。
わずか、一時間で着くなんて、驚き。
空港から仙台駅に向かうJRの窓からIKEAを発見してしまったワタクシ。
お父しゃんが仕事の日、一人で山形から仙台のIKEAまで行ったのは言うまでもありません。
ミニショップだとばかり思っていたのに、妙にデカい。
この夏、普通サイズで生まれ変わったようだ。

仙台と言えば、千日回峰行のお坊さんが住んでいるはず。
1300年に二人しか成し遂げていない、厳しい修行。
毎日、24キロの山登りをして下ってくるというのだ。
往復だと48キロ。
それを1000日。
考えられません。
しかも、やり遂げることができなかったら、命を絶たねばならないのです。
生半可な気持ちでは挑戦できません。
もっとすごいと思ったのは、四無行
飲まず、食わず、寝ず、横にならずを九日間。
絶対に無理ッ!
今回の、暴飲暴食と1000段の階段のぼりで塩沼亮潤さんのすごさをあらためて思い、帰宅後、本を読み返したのでした。

[PR]
by bourreesam | 2014-11-06 16:51 | 山形

宮津 観光案内

d0161525_10354360.jpg





勿論、息子は無事。

d0161525_10361487.jpg




しかし、
橋が!!!
割れた?!005.gif

d0161525_10365421.jpg




ぎゃ~!

これじゃ、渡れない~!!!

d0161525_10373011.jpg

d0161525_1038277.jpg



廻旋橋。大型船が通れるよう、大正時代に作られた。
昔は手動だったが、今は、電動。

d0161525_10472377.jpg




天の橋立の松並木の中。
端からはしまで、約2,8キロ。
d0161525_11241894.jpg



夫の両親が生きていた頃は、2年に1度、フェリーで来ていた宮津。
子供達は、北海道にいながら、天の橋立でしか、海水浴をしていない贅沢ものです。

d0161525_11244488.jpg


お父しゃんが子供の頃は、向こう岸までの遠泳大会なるものが、学校行事にあったらしい。
私は、無理。
ここの子じゃなくて良かった。

d0161525_1042263.jpg


天の橋立名物は、智慧の餅。
ま、赤福みたいなもんです。
うまい!!!

d0161525_11283488.jpg


どうして智慧の餅かというと、3人寄れば文殊の知恵の文殊堂で有名だから。
これが、知恵の輪でございます!
d0161525_11402041.jpg



ここで、真打登場。
今回が、宮津デビューのお嫁っち。
d0161525_11342585.jpg


智恩寺の文殊堂には、お参りの時にカランカランならす、縄の付いた鈴がある。
すっかり神社と勘違いし、2礼2拍1礼をし、息子から
「それ、神社じゃない?」
と、注意される。

d0161525_11504264.jpg


後から来たお嫁っちも文殊堂でお参りし、2礼2拍1礼。
嬉しくなった私は言う。
「それ、神社。」041.gif

d0161525_11543431.jpg



そば楽
宮津に行くと必ず食べるのが、野田川の皿蕎麦。
出石町の郷土料理なんですけどね・・・。

わんこ蕎麦のお皿版。

d0161525_1155149.jpg




どんどん注文。
酒持って来い!
じゃなく、そばつゆ持って来い!

d0161525_11561793.jpg



お墓参りを済ませた後は、
伊根町にも足をのばしてみる。


d0161525_142238.jpg


あの、「ええにょぼ」の伊根です。
舟屋で有名な。

d0161525_11583140.jpg


今回の旅では、お父しゃんのお友達の奥さまが宮津市内で始めた噂のカフェモグモグにも寄ることが出来たし、嬉しいことに、お父しゃんの地元のお友達も、顔を出してくれました。
d0161525_13465523.jpg



ブラマンジェにのっている可愛いクッキーに、乙女心(?)がくすぐられる。
d0161525_11574190.jpg


モグモグに来てくださったお友達の、超オシャレな美容室&ご自宅にも寄らせていただき、
楽しいたのしい京都&宮津お墓参り旅は終了。

d0161525_12163097.jpg



「お利口に、おるしゅばんしてました。」
の、ブーレ。

d0161525_1217421.jpg


[PR]
by bourreesam | 2014-07-05 14:12 | 京都

アナと雪の女王

六月初旬、私のブログを見てくださっている京都のMさんが、北海道に遊びに来られた。

d0161525_2234340.jpg



同じパグプーのお母しゃんである。


チャコです!

得意の芸は、「お手」じゃなく「あご」です!


今回は、高齢のお母様と息子さん、親子3代での旅ということで、
お会いしたい気持ちは山々だったが、お母様の迷惑を考え、遠慮した。
Mさんが京都へ帰られた翌週、今度は、私が京都へ行くことに・・・。
これも、何かのご縁。
京都2日目は夫は一日中仕事、私は独り身・・・と、いうことで、
Mさんから嬉しいお誘いがあり、お会いすることに!

いきなり、きんちょ~!

初対面では、不細工は不細工なりにベストを尽くしたい。
しかし!
朝食後、化粧途中で、一本飛び出てしまった麻のカーディガンの糸をしまいこむことに夢中になってしまった私。
「ほなな!」
と、仕事に出かける夫を横目で見送る。
さて、化粧の続きを!
と、思った時、化粧道具が無いことに気付く。
夫が、自分のスカスカのスーツケースに、他の物と一緒に片づけてしまったようだ。
開けようとしたが、鍵がかかっていて開かない。
「鍵は?」
と、夫にメールすると、
すまん!持ってきてしもた!と。
が~ん!
おわった。

♪ありの~、ままの~、姿見せるのよ~♪

アナと雪の女王の歌が頭の中で流れた。

約束の時間は、午後4時半。
それまでは、テンション低いながらも京都観光を楽しむ。
バスに乗り、細見美術館へ。
行けば少しはお利口になるだろうぐらいの軽い気持ちだったが、
中村芳中さんという日本画家が大好きになる。
江戸時代に、人の気持ちをこんなにも明るくさせる方がいたことに感激。
今、生きていたら、きっと、売れっ子の漫画家になっただろうな~。
鼻が低くてたれ目のお多福さんに親近感をおぼえて、一人、吹き出す。
おかげでテンション回復。
美術館の近くのカフェでアップルパイとコーヒーをいただき、次に目指す何必館へ。
そう遠くもなさそうなので歩く。
暑くて汗はダラダラ・・・この時点で、半端にした化粧ははがれ、完璧なスッピンに。
何必館では、魯山人を鑑賞。
普通に、予想通り、素晴らしい。
茶道を始めてから、少しだけ物の奥まで見れるようになったことに感謝。

「ありのままの私」は、午後、約束の時間に京都芸術センターのカフェへ。
廃校になった小学校を利用した施設だという。
入口手前で、パープルのシャツをお召になったキレイなMさんが出迎えてくださり、
ぐちゃぐちゃの私は、とても申し訳ない気分に。
緊張のご対面!と、思いきや、それまでメールのやり取りをしていたせいか、
初対面という感じはなく、同じ年という気楽さも手伝って、はしたないほどにペラペラとおしゃべりさせていただいた。


******************************************

d0161525_1642535.jpg




東寺で・・・

d0161525_166118.jpg




とうじ。

宮津へ行く日の朝、
早起きして、ホテルから東寺まで散歩。
この日も暑い。

d0161525_13161799.jpg


京都駅で息子と待ち合わせ、レンタカーで宮津へ。


お?!
何事?


d0161525_13164877.jpg



天の橋立で事件か?!

息子の運命や如何に!

[PR]
by bourreesam | 2014-06-30 13:30 | 京都

犬矢来

d0161525_13105822.jpg




あらま~!こじゃれたカフェですこと。
ここは、おフランスかしら・・・?

d0161525_13112546.jpg





目の前の景色も素敵。

d0161525_15273538.jpg




フランス語とはほど遠いですね~。
ここは、丹後の宮津、天の橋立でございます。

お父しゃんのお仕事のついでに、京都から宮津まで足をのばした。
途中から、東京に住む息子が駆けつけ、しばらくして仕事を終えたお嫁ッチも加わり、4人で
宮津に眠る夫の両親のお墓参り。

第一弾
京都市編

出演
 お父しゃん
 お母しゃん
友情出演
 狸小路サム
 沢尻ブーレ

初日は、暇な夫と市内観光。
「美術館とかは、明日、一人で行ってね!」
と、言うお父しゃんと、何をして過ごせばいいのか・・・。
お父しゃんは京都出身であるが、京都は京都でも田舎育ち。
京都市内には疎い。
嵯峨野めぐりは何度もしたし、今回は、違う京都を見てみたい。
パラパラと観光ブックをめくり、町家の散歩コースに目をとめる。
暑いけど、歩くにはちょうど良い距離。
時間をつぶせればいいと思っているお父しゃんは、
歩くのはあまり好きではないけれど、文句も言わず付き合ってくれる。

d0161525_1323419.jpg

なんじゃ?これ。
と、思ったものが犬矢来
町家の方々は、犬嫌いだったのね。

「恥ずかしいから早く撮って!」
と、頼まれもしないポーズをとるお父しゃん。

d0161525_14162.jpg




サム!犬矢来どう思う?

「ヒドイと思う。」

d0161525_142224.jpg



ブーレは?

おっと!無言の抗議!!!041.gif

(実は、お母しゃんは、この、まあるいポーズが大好きです。)
d0161525_14142533.jpg


これも、犬矢来。

一流のおもてなしを提供することで有名な俵屋旅館。
スティーブ ジョブズ氏の定宿だったそうだ。

職場で、ジョブズというニックネームを付けられているお父しゃん。
ジョブズなのに、コンピューターがウィンドウズなのは、なんで?
と、笑われるお父しゃん。
いくらジョブズ似でも、俵屋さんには泊まれん。

d0161525_14321847.jpg

そこで、せめてもと、札幌のジョブズは俵屋さんプロデュースのカフェ遊形サロン・ド・テへ。
わらび餅とお抹茶で一人前2200円也。
d0161525_14325115.jpg


お抹茶の後にも小さなお楽しみがあり、お父しゃんが頼んだコーヒーは、ポットでたっぷり。
d0161525_14331842.jpg


いつまでも居たいような、心地よい空間。
信じられないほど美味しいわらび餅。
ほんの端っこでも、たわらやさんの実力を感じた。

殿も満足。

[PR]
by bourreesam | 2014-06-27 15:30 | 京都

真打たるもの

じゃ~ん!
真打登場~!!!



d0161525_11304051.jpg



仲良し三ピカトリオ。
さて、どれが
ニュー真打でしょうか~?!

d0161525_11322721.jpg


お父しゃんが真打になったので、仲間がお祝いしてくれました。
ただ飯を食った罪で私まで挨拶させられるはめに。

d0161525_11512191.jpg



ご褒美に、こ~んなオシャレな花束をいただいてゴキゲン!!!

d0161525_11355422.jpg


こんな緊張感たっぷりのパーティーも。
まるで、結婚式。
こっぱずかしい。

d0161525_11365390.jpg


このような席でもワンコの自慢は忘れないお父しゃん。
突然、さらし者になり、サム&ブーレもビックリだぜ。

d0161525_11382314.jpg
ただ飯に次ぐただ飯。
突然ですが、次は、博多でお父しゃんのお友達にで水炊きをご馳走になりました。
仕事のお父しゃんにマイレージでくっ付いていった私。
ただ乗り。

d0161525_11524354.jpg

食後は、山笠が行われるという櫛田神社までお散歩。

体験する気満々だった中州の屋台は、神経質なお父しゃんは無理ということでパス。

d0161525_11432542.jpg





山笠間近なので、あちらこちらに飾り山笠が。
で、デカい!


翌日は、お父しゃんはお仕事。
私は、博多市内の冒険にでかける。
まず、柳橋商店街でお魚に挨拶。全員顔見知りでした。(魚が)

アジア美術館で現代美術堪能。水滴の絵が面白かったな~。

和菓子屋めぐり。

昼食は柳川屋でウナギのランチセットを。

六本松の久留米絣屋さんへバスで。やはり反物には手が出ず、ブックカバー購入。

博多駅探検&お土産購入。

d0161525_1143257.jpg


夜は、お父しゃんと待ち合わせし、お嫁ッチご推薦の よし田で夕食。
まずは、呼子のイカから。

お布団かけて気持ちよさそうにしているイカ君ですが、
実は、まだ、もがいており、苦しそうでした。

d0161525_1144463.jpg


お布団を食べた後、みみと足は、天ぷらにしてくれる。
美味しい~!

d0161525_11501337.jpg
揚げても巻いてもいないのに、
「アゲマキ」とは、これ如何に。
「あぶってかも」という名前の焼き魚も初めて。
日本は広い。

他にも色々食べて、〆は鯛茶漬け。
満足満足。


d0161525_12111591.jpg
最終日は、お父しゃんのお友達のN氏が再び登場。
「梅が枝もちが食べたいッ!」
という私の願いをかなえるべく、
大宰府天満宮に寄ってから車で空港まで送ってくださった。

d0161525_1158686.jpg


水炊き屋さんのおかみさんのお勧めで、大宰府のスターバックスへ。
イカしたデザイン。

d0161525_11572678.jpg


麒麟の像がサムに見えて、急に里心が・・・。
もうすぐ会える!

念願の梅が枝餅。
何軒も立ち並ぶ梅が枝餅屋さんから、水炊き屋さんのおかみさんご推薦の赤い旗が目印のお店を探すも、赤い旗がけっこうあって見つけられない。適当に、お庭のきれいなお店に入ってみる。
アツアツの梅が枝餅と冷たい抹茶。
あ~!幸せ。053.gif
N氏は、抹茶のお茶碗を丁寧に持ち、お茶碗を少し回して品よく召し上がってる。
聞くと、茶道歴30年だそうだ。
隣の夫を見ると、片手に餅、片手に茶碗持って、しっかりと模様の付いた茶碗の正面からグビグビお茶を飲んでいる。
これはこれでワイルドで良いが、真打たるもの、お茶ぐらいはスマートに飲めないと・・・
と、思った次第です。

d0161525_11565013.jpg


念願の梅が枝餅。
お庭のお花がさりげなく添えられてステキ。 

d0161525_12151588.jpg
札幌に帰った翌日には、ワンコも一緒に富良野へ向かい、
ふらの餅を食す。
こちらもアツアツで美味しい!
でも、粒あん派のお父しゃんは、梅が枝餅の方がお好みだそうです。

[PR]
by bourreesam | 2013-07-08 13:56 | 福岡 | Comments(12)

フィンランド最終章

着替えは最小限。
スーツケースの中身はスカスカにし、やる気満々でヘルシンキに来た。
何せ、昔、ベルギーに向かう時に、
荷物が重すぎて超過料金を25万円とられた苦い経験がある。
一年間の滞在予定で、意気揚々と出発したのに、いきなり空港で撃沈。
あのショックなことといったら・・・。
雑貨の国フィンランドでお土産を心置きなく買えるよう、万全を期す。

さて、3日目からは夫は会議場につめ、
私は、1人で、フィンランド探検。
いよいよ、戦い(ショッピング)開始だ。
よく知らない国での一人歩きにちょっと、緊張。

まず、マリメッコの本社へ行ってみようか・・・。
さすがに本社は遠いので、メトロに乗らなければならない。
得意のイケメン狩りでチケットをゲットしようと試みる。
しかし!私が選びぬいたお兄さんは、なんと、外国人。
彼もフィンランド語の券売機のシステムがよくわからず、
あ~だこ~だ一緒に悩んで、やっとチケットを購入。
西洋人ならなんでもいいというわけではないということを学んだ。

マリメッコ本社のあるヘルトニエミ駅の手前でステキな景色を見っけ!
住宅の航空写真のように見えるが、実は、全部、小さい小屋。
コロニーガーデンなのかな・・・。
日本でも、貸し農園などあるが、北欧では、そこに、泊まったりも出来る小屋を建てちゃうらしい。

d0161525_16144667.jpg


d0161525_16151261.jpg


マリメッコ本社。
このあたりは、近代的な建物ばかりでヨーロッパ臭ゼロ。
札幌市内のどこかみたい。

アウトレット商品狙いで本社まで行き、少々難ありのビニールコーティングのテーブルクロスをゲット。
「難」は、ほとんど、わからない。
ビニールはあまり好きではないが、マリメッコは汚したくないし・・・・。
1メートル25ユーロ。約、2500円。
うちのテーブルは大きいので、2、5メートル購入。
アウトレットでも結構高いな~。

帰国後、札幌のマリメッコに行ってみたら、1メール680円の値札。
「ガ~ン」
大ショ~ック!
夫がネットで見直してみたら、10センチ680円でした。
10センチ単位で値段付けるなんて・・・。まぎらわしい。
それにしても、高すぎないかい?マリメッコの布。

フィンランドに来る日本人て、こんなにいるの?
と、いうほど、マリメッコ本社も日本人だらけ。

しかし、ここで運命の神の声が・・・。

若い日本人女性が二人で話している。
「ね!明日、もう一回ハカニエミマーケット行かない?
あそこ、めっちゃ、楽しいよね。」

ナニナニ?!

そういえば、確か、来る途中にハカニエミ駅ってあったよね。

よし!その情報いただき!

d0161525_11584644.jpg


駅を出た途端にあった、ハカニエミの屋外マーケットと屋内マーケット。

建物の1階には肉や魚が売られており、2階は雑多な雑貨屋の数々。
胸をときめかせながら歩く。

え~!スマルタンのホーローだ!!!
昔、チェコで出会ったかわゆいホーロー製品が、フィンランドに並んでいる奇跡!
キミ達に会いたかったんだよ~!!!
昔は、小さい容器1個しか買えなかったけど、
今回は、もうちょっと買える。
だって、ショッピング積み立てしてきたんだもん!
スーツケース、スカスカにして来たんだもん!
残念ながら、このマーケットの中で税金免除の手続きが出来るのはマリメッコだけだという。
でも、おばちゃんがちょっとだけ値引きしてくれた。
それに味をしめ、次の店からは積極的に値切ることにする。

楽しすぎて、帰国の日にもう1度、来てしまいました。
マリメッコ本社にいた日本人に感謝。

さて、スマルタンのホーローとは・・・






d0161525_18322974.jpg


じゃ~ん!
こんな、ふざけた奴らです。
左は、昔、チェコで購入したもの。

d0161525_16161477.jpg
勿論、ヘルシンキ市内でも、ステキなカフェで一休みしつつ、
雑貨や家具ばかり、ウィンドーショッピング&マジショッピング。
帰国の日まで、おおいに盛り上がりましたとさ。
楽しかった~!!!

d0161525_1615138.jpg

ヨーロッパの羨ましいところ。
盲導犬以外の一般ワンコでも、地下鉄に乗れること。
「写真撮らせて!」
と、お願いしたら、お座りさせてくれました。

d0161525_16154454.jpg


ペットショップを2件ほど見かけたが、どちらにもワンコは売っていない。
看板犬が一匹いるだけ。
きっと、ブリーダーさんから買うのね。

d0161525_16193699.jpg

さて、帰国の日。
私は、トドメのショッピングにハカニエミに行き、夫は、ホテルの近場のスーパーでお土産選び。
お昼に、大きな本屋の片隅にあるカフェアアルトで待ち合わせる。

d0161525_16194781.jpg


ここも、かもめ食堂に登場するので、日本人が多く、日本語を話すウェイトレスがいて、日本語のメニューも用意されている。

d0161525_16195893.jpg


なにやら、痛い視線。
何のライバル視?
だいたいわかるけど・・・。
髪型で。

d0161525_14302915.jpg

ワンコも空港でお見送り。
これも、日本では見られない光景。

ちょっと、サムっぽいな。
早く、会いたい!

d0161525_16202594.jpg

「お父しゃん!お帰りなさ~い!!!」

大喜びのサムと、出遅れたブーレ。

二人とも、ちゃんとお留守番できてよかった!

d0161525_1242844.jpg




今回、旅先で見つけた可愛いワンコカード。

d0161525_13414542.jpg


パパとママのフィンランド旅行、無事、終了。

当分、買い物は控えよう。

その他、お花や建物やお料理の写真をこちらにアップしています。
興味ある方は、どうぞ!

ここをクリックしてください
[PR]
by bourreesam | 2012-10-04 15:25 | フィンランド | Comments(11)


おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。


by bourreesam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

プレゴールデンウィーク③
at 2017-04-29 10:55
プレゴールデンウィーク②
at 2017-04-28 22:02
プレゴールデンウィーク①
at 2017-04-28 09:41
頂き物
at 2017-04-27 12:58
食い意地
at 2017-04-26 18:14

タグ

最新のコメント

Hiro様 え?!..
by bourreesam at 18:18
ブーレママ、おひさしぶり..
by Hiro at 18:22
元気してますか・・・・ ..
by ナナ at 22:45
カズの母様 ありが..
by bourreesam at 22:07
何時も楽しく拝見していま..
by カズの母 at 17:05
パールママ様 ブラ..
by bourreesam at 21:29
ナナ様 私も、鶏に..
by bourreesam at 21:23
キレイな色のお酢になりま..
by パールママ at 14:42
ごめーーーーーーーーーー..
by ナナ at 13:04
たえ様 黒くても、..
by bourreesam at 11:39

検索

ブログジャンル