タグ:ワンコ ( 294 ) タグの人気記事

お友達

d0161525_13203679.jpg

「お風呂あがりじゃ~ございやせん。サムらいでごじゃる。
今日は、お友達の紹介をします。ボクの、人間の兄弟の飼い犬。時々来るよ。」



d0161525_13232828.jpg

小次郎(チワワ×パピヨン)もうすぐ2歳。
頭の悪い雰囲気が、そこかしこから、ただよう。毛の生え方にも、歩き方にも、知性が感じられない。悲哀に満ちた、たたずまいが何とも言えず、同情から愛に発展。散歩中、飼い主を電信柱と間違えて、オシッコをかけたりもする。筋金入りの〇〇。


d0161525_13301099.jpg

トキ(パピヨン)もうすぐ1歳。
何にも考えていない。ノー天気。おおらかな性格で、孫のポン太とは、最も相性が良い。サムに負けない甘え上手。


d0161525_13352166.jpg

特別出演。凛(ミニチュアピンシャー)2ヶ月。
家族ではないが、時々、小次郎とトキの家に預けられる。先日、サムとブーレに会いに来たのでパチリ!最近、独身のオッサンに飼われた。幸多かれと祈るばかりだ。
d0161525_134834.jpg



まじまじ・・・。


d0161525_13403514.jpg

「では、最後のご挨拶は、ブーレちゃんがしましゅ。」

「ブーレ!ステージ衣装が違うよ!それ、ミッキーさん。」

「あ、まちがった。着替えてきましゅ。」


d0161525_1342165.jpg

「おかあしゃ~ん!この、お姫様のでいいんだよね~!」

「では、お友達の紹介を終わりましゅ。」

[PR]
by bourreesam | 2010-06-11 14:00 | ワンコ | Comments(10)

おんぶ犬

チッチッチッチッチッチッチッチッチッと、可愛い足音を立てて、沢尻ブーレが、夜中にオシッコから戻ってくる。ブーレは、うちに来たその日にオシッコをマスターした優秀な子だ。シートさえ敷けば、そこがトイレだと理解する。一緒に寝ることを決めた日も、ベッド脇のシートで一人で用を済ませていた。しかし、サムは、ちょっと違った。ある日、夜中にベッドの上で突然、暴れだした。トイレに行きたいのだろうと、シートに連れて行ったが、すぐにベッドに戻ってくる。何度もそれを繰り返すが、サムは、絶対に、そこにオシッコをしようとはしない。困り果てていると、サムは、何かを思い付いたように、起き上がっていた夫の背中に飛びついた。オンブである。下のトイレに連れて行って!と、言うのだ。寝室は、2階にあるので、サムは、階段の昇り降りは、いつもオンブでする。小さいときに落ちたことがあるので、一人で階段は、降りれない。言葉が話せないサムの、精一杯の知恵に感心した。その後、2階の、寝室から少し離れた場所にトイレを置くなどの工夫をして、サムも、一人でトイレに行ってくれるようになった。ベッドのすぐ横でオシッコしていたブーレも、イッチョ前に、遠くのトイレまで出かけるようになり、足音がチッチッチッと、響くこととなったわけです。テコテコッ!テコテコッ!と、さらに賑やかな音は続く。ベッドから降りる時は、犬用の階段を使うブーレも、ベッドに登る時は、跳びあがりたいらしい。助走をつけて何度も挑戦し、やっと成功する。変なプライドに笑う。

d0161525_14502197.jpg
d0161525_1459539.jpg
d0161525_14525735.jpg
d0161525_1502968.jpg
d0161525_1532662.jpg
d0161525_1543793.jpg 

「だって、お父しゃん、大好きなんだもん。」
[PR]
by bourreesam | 2010-06-09 15:18 | ワンコ | Comments(0)

親ばか、MAX。

d0161525_16441069.jpg買いました。キャンピングカーフェアへ二日とも通い、入場料4000円も払った上に、このざま。後先考えず、ほぼ衝動買い。いざとなったら、これに住む覚悟。子供達の家の軒先を借りて回り、水をもらい、トイレを流させてもらう。そうだ!充電も必要だ。よろしく。

昨年のことだ。ニセコで泊まった犬OKのロッジが小汚くて居心地悪かったことから、夫がキャンピングカーを所望した。私にとっては、別荘と同じぐらい、現実味の無いもの。「そんなん、買えるか~!ヾ(*`Д´*)ノ"彡」と、思っていたので、今、乗っているランクル泊を提案し、計画。もしもの時の簡易トイレ、冷蔵庫、タープ、蛇口付きのポリなどを購入し、起伏の激しいベッド対策として、大小のクッションも積み、岩内のオートキャンプ場に、いざ、出陣。ナビ兼用のテレビもあるし、なかなか快適ではあったが、予想どうり、寝心地は、悪い。ベッドの改造が課題となり、参考までにキャンピンカーの展示会を見に行った。そして、思わず、買ってしまった。この流れだ。男の夢を叶えてやろう~!と、決心したわけだが、契約後数日間は、眠れなかった。身の程知らずの贅沢をしてしまった罪悪感に苛まされたのだ。夫は、キャンピングカーで出勤するわけにはいかない。私だって、スーパーへ買い物に行くなら、愛する軽自動車だ。結局、夫婦二人に車3台。知~らない!でも、税金は、ランクルよりも安いし、乗らない冬の間の保険もかけない。何とかなるかな・・・。

d0161525_16484972.jpgお金の都合もあるが、車庫の都合もあるので、最もコンパクトなキャンピングカーを購入。左奥の小さい台所では、、最近愛用のタジン鍋に活躍してもらう予定。材料を、切って、入れて、火にかけるだけで美味しいから・・・。
d0161525_16462088.jpgサムもブーレも大興奮。動く車の中で、ずっと走りまわっていた。「君たちのために、無理したんだぞ~!」と、ちょっと、恩に着せてみる。ちなみに、ナンバーには、20と36を採用。ブーレとサムのつもり。2が、何故、ブーなのか?と夫が問うたが、私にも、よくわからない。ふたつの「ふ」かな・・・。

d0161525_1647451.jpg



「えへへ!テーブルに乗っちゃった~!たのち~!」 


[PR]
by bourreesam | 2010-06-06 17:43 | キャンプ | Comments(6)

サム 荒れる。

ある日、夫に頼まれて肩もみをした時のことである。「イテテ・・・痛い!」と、騒ぐ夫の声に、サムが血相変えてとんできた。「やめろ~!放せ~!」と言わんばかりに、大騒ぎしながら、私の手をかじり、夫から引き離そうとする。温厚なサムの意外な一面を見た。「痛い!って言わないから、もう一回肩揉んでくれる?」と夫が懇願するので、再度挑戦したが、もう、ダメだ。サムは私を見張り、ちょっとでも夫にさわると怒る。仕方がないので、その後、安いマッサージ器を購入した。

サムは、お風呂上りにも荒れる。手が付けられないほどの暴れようだ。
d0161525_1263250.jpg d0161525_14115236.jpg
d0161525_12132851.jpg d0161525_11532370.jpg



d0161525_13255243.jpg









濡れると、二人とも人相(?)が変わる。 
d0161525_1582297.jpg
d0161525_1330474.jpg

入浴後は、お父しゃんの足の上でゆ~ったり。気持ちいい・・・。 
d0161525_15102969.jpg

あ~、極楽、ごくらく。

d0161525_14412334.jpgサムは、どうして、そんな怖い顔なの?
[PR]
by bourreesam | 2010-06-03 14:35 | ワンコ | Comments(4)

ワンコにだって、こんな時がある。

女子高生の知り合いがいる。怖いものなど何もないような明るい子で、いつも話を聞いて笑い転げる。昨日の話は、こうだ。「ウチってさ~、デブでしょ?学校で家畜とか呼ばれんだよね。こないだ、風邪で学校休んだっけ、男子に 口蹄疫か?って言われたさ。超、失礼だと思わない?」
不謹慎なことに、可笑しくて笑ってしまった。
でも、口蹄疫の問題は、本当に辛い。犬と一緒に生活するまでは、犬は、犬。牛は、牛。人間とは、かけ離れた生き物だと思っていた。「いや~!ワンコがさ~」と、言い訳しながら、何度も約束の時間に遅れてきた友人には「人より犬か?」と、腹を立てていた。「もう、遊ばない!」と、宣言したこともある。「やだ!遊んで!!!」の一言が可愛くて、すぐに許しちゃったけど・・・。室内犬を飼い、ずんずんのめりこんでいく私を見て、その友人は、「ほらね~、そうなるっしょ~?わかるっしょ~?」と、鬼の首でも獲ったかのように言う。悔しい。
犬との絆が深くなることで、他の動物にも考えが及ぶようになった。よく効く薬があったら、こんなことにはならないのに・・・。どなたか、発明してください。


d0161525_13202593.jpg「今日のわんこ」の音楽が聞こえると、どこにいても、大騒ぎしながらテレビに駆け寄る。毎朝の楽しみだ。
ベッキーと共演していたニオイ犬クンクンも好きだったけど、最近は、出ない。


d0161525_1328180.jpg 



ブーレは、楽しい時、とびきりの笑顔を見せる。
 
d0161525_13323439.jpg


沢尻さん!笑いすぎです。

[PR]
by bourreesam | 2010-06-01 13:57 | ワンコ | Comments(6)

初めてのお呼ばれ。

d0161525_15331598.jpgボク、サムです。春のありがたみをひしひしと感じる、今日この頃です。あと、半年は、こんな顔にならなくて済むし・・・。
やっと迎えたバーベキュー日和。昨日、お母しゃんのお友達が、僕達をお家に招待してくれました。よそのお宅に伺うのは、初めてだったから、緊張~!ボクも、ブーレちゃんも、何もかじらなかったし、おしっこは、ちゃんと、持っていったシートに出来たよ。良い子だって、褒められちゃった。058.gif058.gif
d0161525_1548434.jpg お山に向かって張り出した、大きなデッキが、とっても気持ち良かったよ~。ボクとブーレちゃんは、デッキから落ちたら困るからって、ウチから持っていった漬物の重しに繋がれたの。そんな、バカじゃないのに・・・。
d0161525_15484943.jpgボク達のために、オバしゃんが、南部鶏のささ身を茹でてくれたよ。美味しかった!バーベキューの後は、お家の中に入ってトマト鍋してた。よく食べるよね。お酒は、日本酒2升と、ワイン2本と、シャンパン1本呑んだって・・・。お父しゃんとオジしゃんは、二日酔いになったらしい・・・。9時間も呑み続けていたら、当然だよね。でも、オバしゃんは、一番呑んだのに、ピンピンしてるんだって・・・。燃費悪いね。


d0161525_16125035.jpgボク達の夕飯は、ウチから持っていった、いつものお母しゃんの手作り。昨日は、ゴーやと鶏胸と長芋を昆布とカツオの出汁で煮たやつだったよ。ボクもブーレちゃんも、ゴーヤ大好き!でも、ブーレちゃんは、あんまり好きじゃないものは「お父しゃん食べらせて~!」って、お父しゃんを追いかけるの。こうやって、スプーンで食べらせてもらうんだよ。


d0161525_1626342.jpgボクは、食事の後は、いつも、こ~んなお顔になっちゃうのが悩み・・・。やっぱり、この歯のせいかな~。
[PR]
by bourreesam | 2010-05-30 16:37 | お出かけ | Comments(0)

散歩②   本日は、天国より、デイジーさんがお越しくださいました。

d0161525_12204931.jpgうちには、サムとブーレの前に、「デイジー」という犬がいた。動物管理センターからもらってきた雑種だった。寝食は共にせず、サンルームで暮らしていたが、15年生きた。デイジーの散歩は、同居していた私の父の役目だった。散歩好きだった父は、自分の腰にリードを縛りつけ、毎日、一時間ほど歩いた。ある日、デイジーの首輪がスッポリと抜けた。父は、気づかす、そのまま歩き続けたが、何だか、すれ違う人々の視線が気になる。デイジーがいないことに気づいた父は、今来た道を戻り、先ほどすれ違った人に聞いた。「さっき、ぼく、犬を連れていませんでしたか?」ご婦人は答えた。「リードと首輪だけだったから、オカシイと思っていたんですよ。」父は、ボケ老人と間違われたらしい。デイジーは、無事に見つかったが、父は、その後、散歩で培った丈夫な身体を持つパワフルなリアルボケ老人へと成長。長きにわたり我々を悩ませ続けた揚げ句に、逝った。デイジーが亡くなってから、一年後のことだった。

d0161525_13143910.jpg

お気に入りのお散歩コースは、前田森林公園。ゴールデンウィークには、ポン太親子と行きました。


d0161525_15324415.jpg
誰もいない場所を見つけ、夫が、少し離れた場所で待つ。ワンコ達は、全速力で「おとうしゃ~ん!」と、駆けて行く。数回これをすると、帰りの車の中では、二人とも気絶だ。


ケアーンテリアごっこしてる人、だあれ?

                     
♪ 小田和正のBGMが欲しいところだ。d0161525_1332365.jpg
夫のフタ(我が家では、夫の帽子を、こう称する。)をポン太にかぶせて・・・。
「ハゲは、隠そうとするから、おかしくなる!」という持論の下、6ミリにセットしたバリカンで刈り上げる夫。ポン太は、つい最近まで、顔から毛が生えた、このオッサンが苦手で、顔を見ると泣いた。和解後の、貴重なショットである。
[PR]
by bourreesam | 2010-05-28 15:16 | お出かけ | Comments(2)

散歩①

別海に住む、叔母から聞いた話だ。あちらでは、よく、住宅街にキタキツネが出没する。見つけた人は、車の後ろに縄を繋ぎ、山の奥深くまでキツネを引っ張っていくそうだ。ある日、叔母の家の近所のおじいさんが、おばあさんに怒られた。「家でゴロゴロしてないで、犬の散歩でも行っといでッ!」おじいさんは、面倒だったので、車の後ろに犬を繋いだ。最初のうちは、愛犬を気遣い、ゆっくりと走っていたが、ラジオかなんか聴いているうちに、犬のことなど忘れてしまった。徐々に加速する車のスピードに、とうとう犬の足の回転は追いつかなくなり、シャーッと、道路を引きずられた。近所の人々は、「あそこのじいさん、又、キツネをつかまえたんだね。」と、話したそうだ。
「まったく!じいさんたらッ・・・」と、文句言いながら、すりむいた犬の足に赤チンを塗るおばあさん。犬は、その後、しばらく、おじいさんとは、目を合わせなかったそうだ。


d0161525_11323761.jpg

雨の日は濡れ放題だったサムにカッパを買ったのはいいけれど・・・。
「おかあしゃん、パッツンパッツンで、一歩もあるけません。」

「わかりました。替えてきましょう。」

d0161525_1141047.jpg



「おかあしゃん、似合いますか?」

「大きさは良いけど、何だか、ヒドいね~、ビジュアルが。」
d0161525_11483825.jpg



「ブーレちゃん、カッパきら~い!着たくな~い!」

「今日は、雨が強いから着ようね。」


d0161525_11555836.jpg



「お外って気持ち良い~!」
d0161525_11575043.jpg

「おかあしゃん、ボクも気持ち良いです。」


「やっぱり、似合わないね~。」

[PR]
by bourreesam | 2010-05-26 12:22 | ワンコ | Comments(2)

昨日、エコリン村に行きました。

サムは、お散歩イノチだ。散歩に連れて行くまで騒ぎ続けるので、雨でも吹雪でも行くはめになる。ブーレは、リードでつながれるのが嫌いなので、毎日の散歩には行かない。我が家の小さなドッグランがお気に入りだ。でも、車でのお出かけは大好き。どこかに連れていってもらえることを察すると、二人で、とんだり跳ねたり吠えたりの大騒ぎになる。d0161525_13105597.jpg

昨年に引き続き、2度目のエコリン村。今日は、お友達がいっぱい。
「たのちぃ~!」


犬と赤ん坊は嫌いだが、人間大好きなブーレは、だれ彼かまわず、寄っていく。「あ!あの人に、まだ、可愛がってもらってない!」と、急いで走り寄って行く。

d0161525_13185362.jpg

「沢尻ブーレです。可愛がってくだしゃい。」


d0161525_1321405.jpg

「お姉しゃんも、可愛がってくだしゃい。」

耳がひっくり返っているのは、サム。何かに夢中になると、耳の形まで、気がまわらなくなる。
d0161525_1326625.jpg

「おばしゃんも可愛がってくだしゃい。」

ドッグランに来る人は、全員犬好きだ。小さいブーレは、必ず「かわいい~」と、言ってもらえる。しかし、ブーレは、その人の飼い犬なんぞに興味は無い!犬が、ブーレに「ば~か!」って言われているのが、飼い主には聞こえない。

d0161525_13293130.jpg

「おめ!
くんな!!!」


d0161525_13395629.jpg

「おめぇも、くんな・・・。」


d0161525_13421251.jpg

サムは、の~てんきに走り回る。
d0161525_13563339.jpg
そして、帰りの車の中では、助手席に座り、「好き」と、夫に肩を寄せる。
「彼女かッ!」
[PR]
by bourreesam | 2010-05-24 14:40 | お出かけ | Comments(6)

改名

「大江ブーレ」が不評なので、芸名を変えることにした。新しい名前は、沢尻ブーレ。この方が、キャラがたつ。

d0161525_10513597.jpg

「沢尻さん!新しい芸名について、どう思われますか?」

「べちゅに・・・」


数日前のことである。夜中、夫に優しくやさしく頭を撫でられて目が覚めた。何事か?とたずねると、半分寝ながら「サムのお尻と間違った・・・」と、言う。寝相の悪い私も悪いが、失礼な話だ。

d0161525_10574045.jpg






噂のケツ

北海道の冬の寒さは厳しい。半年間は、犬らしくゲージで寝ていたワンコ達を、真冬に、慈悲の心でべッドに招き入れた。夫が、仕事に差し支えると言うので、週末限定にしようと思ったが、ニトリの2枚併せ羽毛布団の上を、三歩進んでは気持ち良さそうに沈み込んで感触を楽しむ幸せそうなブーレの姿が可愛くて、結局、ずっと一緒に寝ることになった。ブーレは、時計が読めるのか、毎晩10時になると、寝室へ続く階段の下で待つ。
神経質な夫は、初めは、ワンコを室内で飼うことにも反対だった。不潔だと言うのである。その夫が、今はこうだ。

d0161525_11112820.jpg



いい湯だな~。 

甘えっこサムは、頭の先から足の先まで、ピッタリと私にくっつける勢いで寝る。腕枕をされて、す~す~と、横で寝息を立てるサムを見てると、「彼女かっ?!」と、突っ込みを入れたくなる。ブーレは、夫担当だ。我々に選択肢は、無い。ワンコの方で、それぞれの担当を決める。「オスとメスの組み合わせにしようか!」と、いうことになったらしい。暑いのか、さすがのサムも、夜中は布団の外で寝ている。でも、朝方には戻ってきて、私の顔を、柔らかい肉球で、そっと、2度撫でる。布団をめくり、入れてやると、早速、もぐりこんで、私のお腹を枕に寝る。
犬を飼うということは、何かがない限りは、自分よりも絶対に早く逝く子供を育てるということだ。愛おしさが募るほど、切なさも増す。

d0161525_14581888.jpg
[PR]
by bourreesam | 2010-05-22 15:07 | ワンコ | Comments(6)


おとぼけ顔のパグプー(パグ×プードル)♂と、美形ヨーキー♀に、すっかりやられてしまった、中年夫婦の日記です。


by bourreesam

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

まいにちばーさん
at 2018-02-18 21:14
悪いおばさん
at 2018-02-08 15:48
かえで君
at 2018-01-20 20:10
ド還
at 2018-01-17 16:48
お久しぶり!
at 2018-01-10 13:40

タグ

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by bourreesam at 13:30
軽妙洒脱な名調子ですね。..
by 09060691435_a59 at 00:28
ありがとうございます。 ..
by bourreesam at 13:30
コメント閉じていらっしゃ..
by hanako at 11:17
Hiro様 え?!..
by bourreesam at 18:18
ブーレママ、おひさしぶり..
by Hiro at 18:22
元気してますか・・・・ ..
by ナナ at 22:45
カズの母様 ありが..
by bourreesam at 22:07
何時も楽しく拝見していま..
by カズの母 at 17:05
パールママ様 ブラ..
by bourreesam at 21:29

検索

ブログジャンル